現在の位置

袋井宿「たまごふわふわ」

たまごふわふわ

江戸時代の名物料理 袋井宿「たまごふわふわ」をご紹介します。

「たまごふわふわ」とは

袋井宿「たまごふわふわ」とは、江戸時代の文献「仙台下向日記」に登場した料理で、袋井宿の大田脇本陣で宿泊客の朝食に出されたとされており、全国的に人気のあった料理です。

材料は、たまごとだし汁だけで、「ふわっ」と仕上げた風味豊かな泡のようなふんわりとした食感がお楽しみいただけます。

袋井市観光協会によって、この「たまごふわふわ」が再現されました。また、創作部門として、アイスやケーキ、お好み焼きなど、様々な種類の「たまごふわふわ」が開発されています。是非、ご賞味ください。

名物料理を家庭でも。「たまごふわふわ」のレシピを紹介

材料(1人分)

  • だし汁(こんぶ、シイタケ、かつおぶし)…200cc
  • 卵…1個
  • 塩…小さじ4分の1
  • 薄口しょう油…大さじ4分の1
  • こしょう…少々
  • みりん…少々

作り方

  1. だし汁に、塩・薄口しょう油・こしょうを加えてすまし汁を作り、180cc(A)と20cc(B)に分ける。鍋に(A)のすまし汁を入れ、ふたをした状態で火にかける。
  2. ボールに卵と(B)のすまし汁・みりんを少々入れ、ハンドミキサー(ない場合は、泡立て器でも可)でクリーム状になるまでよく混ぜる(最低4~5分)。
  3. 1が煮立ったら火を止め、なべの縁から2を一気に流し込み、ふたをして蒸らす。(この時、ふたが冷めないよう、あらかじめ暖めておくと上手に蒸らすことができます)

関連資料・リンク

  • 「たまごふわふわ」の詳細やお店の紹介は、下記一覧からダウンロードできるパンフレットまたは、袋井市観光協会ホームページをご覧下さい。

たまごふわふわパンフレット(PDF:4.8MB)

袋井市観光協会 たまごふわふわ

お問い合わせ先
産業政策課観光振興室

〒437-0023
静岡県袋井市高尾1211-1
電話:0538-44-3156
ファクス:0538-44-3189
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。