現在の位置

プログラミング教育をはじめます。

ロボット教材を使ったプログラミング教育

~生き抜く「チカラ」を身につけよう~

 

 情報化社会の目まぐるしい変化は、子どもたちの周りでも進んでいます。

 子どもたちはプログラミング技術を学ぶことで、高度な情報化社会で技術者として活躍できるだけでなく、実社会を生き抜く「チカラ」を身につけることができると言われています。

 

プログラミングの今と昔

 これまでは、プログラミング言語を駆使してコンピュータに命令するため、専門的な知識を必要とする難しいものでした。

 近年、コンピュータの性能が飛躍的に進化した結果、プログラミング言語を知らない人にとっても扱いやすくなってきました。

 現在のプログラミング教育は、プログラミングの仕組みを覚えることから始めることで、論理的に物事を考える力や問題を解決する力を養い、実社会を生き抜く「チカラ」を身につけることを狙いとしています。

 

平成29年度から市内全中学校で開始

 平成29年度から、市内の全中学校にブロック玩具である「レゴ®」を教材に使い、学習指導要領に基づいたプログラミング教育を開始します。

教育版レゴ® マインドストームEV3

 

 プログラミング教育の過程で、次のことを学習していきます。

 ★ 創造力

 自由にロボットを組み立てます。

 ★ 論理的思考力

 ロボットをイメージ通りに動かすために、どのような指令をどのような順番で並べるのかを考えます。

 ★ 問題解決能力

 ロボットがイメージ通りに動かない時は、原因を探し試行錯誤を繰り返します。

 

 学習の流れ

小学生対象「ロボットプログラミング教室」を開催します。

 市内の4中学校に配備したレゴ®を使ったロボットプログラミング教材を活用し、小学生を対象としたロボットプログラミング教室を市内3会場で開催します。

 ※ 参加者の募集は、締め切りました。

 

【チラシ】袋井市プログラミング教室(PDF:1.6MB)

「教育版レゴ®」についての詳細は、株式会社アフレルのホームページをご覧ください。

お問い合わせ先
ICT街づくり課情報政策係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋一丁目1番地の1
電話:0538-44-3106
ファクス:0538-43-2131
メールアドレス:jouhou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。