現在の位置

「袋井市健康づくり計画」の進捗状況等について報告します

平成28年度末の評価結果及び進捗状況を報告します。

1 進行(進捗)管理の方法について

 「めざす姿」及び「施策の展開方針」にそれぞれ設定した32項目の指標値を基に、4段階の自己評価(課内評価)を実施し、進行(進捗)管理を行いました。

自己評価(課内評価)

「A」(4点)…取り組みの成果あり

「B」(3点)…ある程度の成果は認められるが十分ではない

「C」(2点)…ある程度の成果は認められるが一層の取組が必要

「D」(1点)…今後、積極的な取組が必要

 

2 進行(進捗)状況について

 「めざす姿」及び「施策の展開方針1~3の取組項目」毎の評価結果は次のとおりです。

 また、指標毎の評価結果については、別添「袋井市健康づくり計画進捗状況一覧」のとおりです。

「袋井市健康づくり計画進捗状況一覧」はこちらです。(PDF:275KB)

【めざす姿】(点数評価:2.5点)

 平成26年の袋井市の「お達者度」は、男性17.46年、女性20.77年で、前年に比べ、男性は0.02年伸び、女性は0.09年短くなりました。また、順位は県内35市町中、男性24位、女性21位となっており、お達者度「県下一」を目指して、今後も介護予防事業を推進し、健康寿命の延伸を図る必要があります。
 国保特定健診で「LDLコレステロール120mg/dl」以上の割合や「血圧が要指導域」以上の割合は、対象者への個別面談や電話指導により、減少しているものの、「糖尿病が強く疑われる人」の割合は年々増加傾向にあるため、本年度実施する静岡県「県民健康基礎調査」との比較分析結果などを基にした対策を地域担当の保健師・栄養士と自治会や自治会連合会が連携して実践し、糖尿病の予防と撃退を図る必要があります。

めざす姿

 

 

【方針1】早期発見、発症予防と重症化予防による健康づくり(点数評価:3.2点)

早期発見、発症予防と重症化予防による健康づくり

(1)適正な栄養・食生活の知識の普及と実践(点数評価:3.0点)

 食育啓発事業の積極的な推進や小学5年生を対象とした小児生活習慣病予防健診結果説明会などの開催により、前年度に比べポイントも増加しており、目標値の達成に向け、順調に事業推進が図られています。

1-1

 

(2)適度な身体活動と運動習慣の定着(点数評価:3.3点)

 20歳~64歳の男女及び65歳以上の男女ともに、前年度に比べポイントが増加しており、特に、65歳以上の女性については、目標値を達成しました。
 今後は、本年度リニューアルする健康ポイント事業を活用した健康づくり無関心層の取り込みや健康経営の支援の取組の中での若い世代の取り込みなど、コミュニティセンター化に合わせ、様々な運動機会の提供などにより、更なる運動習慣の定着を図る必要があります。

1-2

 

(3)口腔ケアと歯科保健の推進(点数評価:3.5点)

 幼児期からのフッ素物塗布及び4・5歳児を対象とした洗口の実施により、むし歯有病者率は減少しており、順調に事業推進が図られています。引き続き、むし歯予防講座の実施等により更なる推進を図る必要があります。

1-3

 

(4)喫煙・飲酒の習慣や環境の改善(点数評価:1.0点)

 たばこに関する展示や喫煙歴のある方へパンフレットを送付するとともに、健康指導の際の禁煙指導などを実施し、喫煙習慣の改善を図りましたが、前年度に比べ0.1ポイント数値が悪化しました。
 今後は、健康経営の観点から、企業での禁煙講座等を開催し、喫煙防止を図るとともに、小・中学校における喫煙防止講座をより多くの学校で開催し、未成年の喫煙防止や将来的な喫煙防止を図ります。

1-4

 

(5)こころの健康の推進(点数評価:3.5点)

 こころの問題を抱える人にいち早く気付き、適切な対応を図ることができる人材育成を目的としたゲートキーパーの養成については、事業所の労働安全衛生担当など、こころの健康づくりへの関心が高い対象者にアプローチすることで研修受講者が増加しました。また、平成27年12月に50人以上の企業にストレスチェックの実施が義務化されたことにより、各事業所の労働安全衛生担当者の意識が向上し、各企業の取組が促進されつつあります。

1-5

 

(6)健康管理の意識向上と支援の充実(点数評価:3.5点)

 「罹患率が上がる年代」と「会社を退職し市の検診へ移行する人が多い60歳代」に重点的に受診勧奨した結果、胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん検診については、それぞれ目標値を上回る受診率となりましたが、乳がん検診については、その他に市独自の事業を行い受診率の向上を図っているものの、マンモグラフィ検査の受診者が少ないため、受診率は微増となっています。
 また、国保特定健診受診率は国の目標値には達していないものの、平成24年度から4年連続県内1位の受診率で推移しています。

1-6

 

 

【方針2】地域における健康づくり(点数評価:3.5点)

地域における健康づくり

(1)地域との連携強化・社会参加の推進(点数評価:3.0点)

 健康づくり推進員の活動回数や参加延べ人数は増加しましたが、全体の参加率は停滞しています。また、「はつらつ運動教室」の自主サークル化への働きかけによりサークル数が増加しました。
 今後も引き続き、サークル活動の周知を図るとともに、健康づくり推進員に参加率の低い地域健康寺子屋への参加を促し、地域における健康づくりの充実を図ります。

2-1

 

(2)働く世代の健康増進・企業との連携(点数評価:4.0点)

 市内の395事業所へ通知を送付したことにより、出前健康教室の新規事業所獲得につながりました。
 今後も本市が取り組む健康経営の支援メニューの一つとして、出前健康教室の利用を促すとともに、企業訪問などを通じて、働く世代の健康増進や企業との連携を図ります。

2-2

 

 

【方針3】次世代の健康づくり(点数評価:2.8点)

(1)健やかな発育・成長の支援(点数評価:2.4点)

 3歳児健診及び小児生活習慣病予防健診(小学5年生)の肥満の子どもの割合が年々増加しており、引き続き、小児生活習慣病予防健診の結果説明会、親子予防教室や健康相談会で生活習慣病予防の啓発を積極的に行い、肥満率の減少を図る必要があります。また、感染症を予防するためには、免疫が付いていない幼年期の予防接種の接種率を更に高める必要があり、これまでの取組に加え、7か月児相談時における接種勧奨を行う必要があります。

3-1

 

(2)安全・安心な妊娠・出産の実現(点数評価:2.5点)

 妊娠や出産への不安や心配を解消するためには、妊娠早期からの支援ができるよう、妊娠11週以前の届出を促すことが必要ですが、前年度に比べると1.7ポイント減少しています。
 また、低出生体重児の割合は前年度に比べると1.5ポイント増加しており、痩せ型女性や若い女性の喫煙率の増加、医療技術の進歩による死産の減少等、複合的な要因が考えられますが、今後も母子健康手帳交付時における適正な体重増加や正しい生活習慣に関する保健・健康指導を徹底して行い、低出生体重児の出生減少を図っていく必要があります。

3-2

 

(3)母親の育児不安への支援(点数評価:4.0点)

 赤ちゃん訪問の実施率は前年度に比べると2.0ポイント減少したものの、母子健康手帳交付時等に訪問についての説明を行ったことにより、目標値を超える実施率となりました。
 また、生後2か月以内の赤ちゃん訪問の実施率は、目標値を25.5ポイント上回る実施率となり、取組成果が表れています。

3-3

お問い合わせ先
健康づくり課健康企画室

〒437-0061
静岡県袋井市久能2515-1
はーとふるプラザ袋井(市総合健康センター)
電話:0538-84-6127
ファクス:0538-42-7276
メールアドレス:kenkoudukuri@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。