現在の位置

高額介護(介護予防)サービス費の支給

高額介護(介護予防)サービス費の支給についてご案内します。

  • 高額介護(介護予防)サービス費の支給は、1か月に支払った利用者負担額が、一定の上限額を超えたときに、その差額分が申請により支給されます。
  • 該当になる方は、サービスを利用した月の翌々月に市から申請書を送付します。
  • 申請書が届いた場合は、住所、氏名、口座番号などを記入の上、提出をお願いします。

利用者負担額の上限額 

  • 利用者負担上限額は、所得区分に応じて、世帯単位および個人単位で設定されています。
  • 同一世帯に複数のサービス利用者がいる場合、利用者負担額を合計した金額が、上限額を超えたときは、高額介護(介護予防)サービス費の支給の対象となります。
利用者負担額の上限額
利用者負担段階 上限額

1.生活保護受給者

15,000円(個人)

2.住民税非課税世帯

  • 老齢福祉年金受給者
  • 課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

3.住民税非課税世帯

  • 1.2.以外の方

24,600円(世帯)

4.住民税課税世帯

  • 5.以外の方(下記「注意」参照)

44,400円(世帯)

(年間上限446,400円)

5.住民税課税世帯

  • 現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方

44,400円(世帯)

注意

  • 平成29年8月より、住民税課税世帯の方の負担の上限が37,200円(月額)から44,400円(月額)に変更されました。ただし、基準日(7月31日)において以下の条件に全て当てはまる世帯は、年間446,400円(8月1日~翌年7月31日の期間、37,200円×12ヶ月)の上限が設けられ、年間を通しての負担が増えないようにされます。(平成29年8月から3年間の時限措置)

    1. 同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む)の利用者負担割合が1割である。
    2. 世帯が現役並み所得者世帯に該当しない。
    (注意)現役並み所得者世帯とは、同じ世帯に65歳以上で課税所得が145万円以上の方がおり、世帯内の65歳以上の方の収入の合計額が520万円以上(一人暮らしの場合は383万円以上)の世帯です。

  • また、上記の条件に全て当てはまる方のうち、課税所得が145万円以上の方がいる世帯については、市から「介護保険基準収入額適用申請書」を送付しますので、前年中の収入などを記入の上、提出をお願いします。

次のものは、高額介護サービス費の対象として算定されません

  • 住宅改修費及び福祉用具購入費の利用者負担分
  • 食費・居住費やその他日常生活費にかかった費用
  • 介護保険外の自己負担分

申請書の提出先 

袋井市役所

市民課介護保険係(電話:0538−44−3152)

浅羽支所

市民サービス課市民サービス係(電話:0538−23−9211)

お問い合わせ先
市民課介護保険係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3152
メールアドレス:shimin@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

袋井市からのお知らせ
  • 袋井市夢の丘墓園・使用者(第2次)募集のお知らせ
  • 広報ふくろい
  • 広報ふくろい電子書籍版(しずおかイーブックス)
  • 暮らしのガイドブックバナー
  • ふるさと納税で袋井市を応援しよう!
  • 袋井の農産物

  • よくあるご質問
  • 市の施設を探す
出来事で探す
  • 結婚・離婚
  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人
  • 引越・住まい
  • 就職・退職
  • 余暇・文化
  • ご不幸
目的別でさがす
  • ごみ・環境
  • 上下・水道
  • 戸籍・住民票
  • 市税・証明
  • まちづくり
  • 国保・年金
  • 防災・安全
  • 入札・契約
イベント・催し