現在の位置

イノシシ等の鳥獣被害を防ぐために

 近年、イノシシなどの野生生物による農作物の被害が増えています。

 相手を知ることから防除の対策は始まります。
 それぞれの生態を知り、その弱点にあわせた対策をとることで、防除効果を高めることができます。

イノシシの生態

食性

 雑食性で、人間が食べるようなものはすべて食べます。
 農作物の他、昆虫やミミズ、ネズミなどの小動物もエサとしています。
 堅い草や木は、繊維質が消化できないため食べません。

行動

 本来は昼に行動しますが、人の影響が少ない夜間に活発に行動します。
 落葉広葉樹林や茂み、耕作放棄地や竹林など、食料になるものが豊富にあり身を潜められる場所を好みます。
 記憶力が良く、侵入に成功した仲間の行動を真似するなど、高い学習能力を持ちます。
 その一方で、警戒心が強くて臆病。通り慣れたけもの道を往復して行動します。
 ジャンプ力があり、垂直に1m以上の高さを乗り越えるほか、20cmの隙間もくぐり抜けます。
 鼻で押し上げる力は70kgの石を簡単に動かすことができます。
 嗅覚に優れ、エサを探す際に役立てています。

繁殖

 交尾期は年に12月〜2月頃、出産期は4月〜6月頃です。
 満2歳で初産を迎え、毎年2〜8頭を産みます。
 寿命はオスが6歳、メスが10歳程度です。

イノシシの身体能力はすごい!

くぐる

足をかけて登る

持ち上げる

剛毛は電気も平気

集落の中の「怒られないエサ」をなくそう!

 被害が減らないのは人間が意図せずに「餌付け」を進めてきた結果であるという研究もあります。
 集落には農作物以外のエサもたくさんあります。
 動物に食べられても人間が気にしないエサ、すなわち「人間に怒られないエサ」を放置しておくこと、これが動物たちを集落に引き寄せる大きな原因です。

集落にある野生生物のエサは2種類

  • 食べると人間に「怒られるエサ」
  • 食べても「怒られないエサ」 

                           ↓
こんなものも「怒られないエサ」になります。

  • ゴミ捨て場の生ゴミ   →   対策:集積所をしっかり囲う。
  • 放置された野菜くずや収穫物   →   対策:埋めるかコンポストへ入れて処分する。
  • お墓などのお供え物   →   対策:持ち帰る。
  • その他にも、稲刈り後のヒコバエなど 

イノシシ防護対策:囲って守る

トタン柵設置のポイント

ワイヤーメッシュ柵設置のポイント

電気柵設置のポイント

野生鳥獣被害防止対策事業補助金のおしらせ

イノシシなどの鳥獣を捕獲するには。

被害対策としての捕獲(有害鳥獣捕獲)を行うには、狩猟免許と捕獲許可が必要です。
 狩猟免許
(県が実施する試験)
 網猟免許、わな猟免許、銃猟免許   狩猟免許や狩猟免許試験等の詳細は、県自然保護室ホームページ「野生生物」をご覧ください。

捕獲許可申請書 様式(WORD:74KB)

県自然保護室ホームページ「野生生物」

 捕獲許可
 狩猟免許を取得した上で、市役所で捕獲許可を受けてください。

この内容は、「暮らしを守る獣害被害対策マニュアル」(発行:JA静岡中央会)から抜粋しました。

相談・問合せ

中遠農林事務所

 地域振興課   電話:0538‐37‐2283
 森林整備課   電話:0538‐37‐2301

お問い合わせ先
農政課農業振興係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3133
ファクス:0538-44-3153
メールアドレス:nousei@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?