現在の位置

開発に伴う届出から調査まで

1.開発がきまったら

袋井市内での開発がきまったら、開発を実施しようとする土地に埋蔵文化財が所在しているかどうかの確認をしてください。開発面積の大小に関係なく、その土地に埋蔵文化財が包蔵されているかどうかが大切なこととなりますので、市教育委員会にご相談ください。

  1. 市教育委員会に静岡県教育委員会発行の遺跡所在地を記した「静岡県文化財地図」がありますので、開発予定地に遺跡が所在していないかの確認を文化財係に照会してください。
  2. 文化財地図上から、遺跡の所在の可能性が有る場所や所在が不明な場所については、市教育委員会にそなえつけの申請書を提出することによって、遺跡の所在を確認します。開発はかならず遺跡の所在を明らかにし、取り扱いについて市教育委員会と協議をしてから開発に着手してください。

遺跡が所在する土地を無確認で開発すると文化財保護法違反になりますのでご注意ください。

2.埋蔵文化財発掘の(届出・通知)書

(1)申請書類等の説明

  文化財保護法第93条第1項又は第94条第1項の規定に基づき、周知の埋蔵文化財包蔵地において土木工事等を行う場合の事前の届出書又は通知書です。民間開発の場合は第93条の様式で、公共工事の場合は第94条の様式でお願いします。

(2)届出部数

2部

(3)届出時期と様式

1.文化財保護法第93条第1項に基づく届出は、工事着手予定日の60日以前です。

  • 民間開発の提出書類の様式

埋蔵文化財発掘の届出書(WORD:41KB)

届出書別紙(第93条)(WORD:55KB)

2.文化財保護法第94条第1項に基づく通知は、事業計画策定に当たって、あらかじめ提出してください。

  • 公共工事の提出書類の様式

埋蔵文化財発掘の通知書(第94条)(WORD:40.5KB)

通知書の別紙(第94条)(WORD:55KB)

(4)添付書類

「埋蔵文化財発掘の届出・通知書」に示される関係書類一式

3.文化財所在有無の確認と発掘調査について

所在調査

遺跡の所在の有無を確認することを目的としています。
文化財地図だけでは遺跡の所在が明らかにならない場所について、専門職員による現地の表面踏査を実施することによって開発予定地に遺跡が所在するか確認します。
 

所在調査依頼書・承諾書(WORD:15KB)

試掘調査

遺跡の所在の有無を確認することを目的としています。
分布調査によって遺跡が所在する可能性が有ると判断された場所や分布踏査では遺跡の所在が確認できないような場所について、開発予定地にテストピット(試し掘り)をあけ、土層の堆積状態を確認することにより、遺跡の有無と開発予定地内の広がりを確認します。
市教育委員会の指定の申請書によって開発事業者等から申請をしていただきます。
 

試掘調査依頼書・承諾書(WORD:15.1KB)

発掘調査

遺跡の記録保存を目的としています。
記録保存とは、遺跡内において掘削や土木工事などの開発行為を行う前に、遺跡の状況を写真や図面等に置き換えることです。
市教育委員会の指定の申請書によって開発事業者等から申請をしていただきます。
 

発掘調査依頼書・承諾書(WORD:17.1KB)

4.現地での発掘調査終了後

発掘調査によって発見された遺物などの資料は、長期間の保存に耐えるように保存処理を行い、適切な管理のもとで保管され、展示会などにより、広く一般の方々に公開をしています。また、発掘調査の成果をまとめた調査報告書は、市立図書館のほか行政機関、公立図書館などにも配られ、市民の方々や研究者に活用できるようにしてあります。
 

お問い合わせ先
生涯学習課文化財係

〒437-1102
静岡県袋井市浅名1027
電話:0538-23-9264
メールアドレス:syougai@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?