現在の位置

退職者医療制度

国保の退職者医療制度について、ご案内します。

長い間、会社や役所などにお勤めをされた後、国民健康保険に加入された方たちのために、現役世代と事業主などが協力し退職後の医療を充実させる制度です。

国保加入の退職者の医療費は、自身が負担する保険料と各種被用者保険からの拠出金でまかなわれており、これらにより国保の財政が助けられています。

退職者医療制度の対象になる人 

次の条件すべてにあてはまる人(退職被保険者本人)と、その被扶養者が対象となります。

  1. 国保に加入している人(65歳未満)
  2. 後期高齢者の適用をうけていない人
  3. 厚生年金や各種共済組合などの年金をうけられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

該当する方は、国保の保険証、印鑑、年金証書をお持ちになり届け出をしてください。

退職者医療制度の改正について

退職者医療制度は、平成20年4月の医療制度改革に伴って廃止となり、現在は平成26年度末までの経過措置期間中です。

ただし、平成26年度末(平成27年3月31日)までに対象となる方については、引き続き65歳に達するまで退職者医療制度の対象となりますので、必ず届け出てください。

 

お問い合わせ先
市民課国保年金係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3113
メールアドレス:shimin@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?