現在の位置

国保の特定健診・特定保健指導

国民健康保険が行う特定健診・特定保健指導についてご案内します。

袋井市国民健康保険が行う特定健診の検査内容と特定保健指導までの流れについてお知らせします。

社会保険などの方は、加入している医療保険者からの案内に従って、特定健診を受けてください。

特定健診の検査内容

基本的な検査項目

健診費用(自己負担金)1,500円は、健診時に医療機関へお支払いください。

診察など

問診(病歴、治療中の病気、服薬中の薬、生活習慣など)

身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)、身体診察、血圧測定など

脂質を調べる検査

中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール

代謝系を調べる検査

空腹時血糖、ヘモグロビンA1c、尿糖、尿酸

肝機能を調べる検査

AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)

尿・腎機能を調べる検査

尿たんぱく、血清クレアチニン

詳細な検査(医師が必要と判断した方のみ)

貧血検査、心電図検査、眼底検査など

特定健診から特定保健指導までの流れ

1  特定健診

袋井市国民健康保険から特定健診の案内を受け、総合検診(袋井保健センター、浅羽保健センターなど)または、単独検診(指定の医療機関)で受診します。

2 健診結果

健診結果をもとに、生活習慣を改善する必要性で3つのグループ(メタボリックシンドロームに当てはまらない方、メタボリックシンドローム予備群の方、メタボリックシンドロームの方)に分けられます。

メタボリックシンドロームに当てはまらない方

  • 情報提供
    健診結果の見方や生活習慣病の基礎知識など、生活習慣を見直すための情報を提供します。

 メタボリックシンドローム予備群の方

3 特定保健指導へ

メタボリックシンドロームの方

 3 特定保健指導へ

3 特定保健指導

医師や保健師、管理栄養士などと、生活習慣を改善するための行動目標を設定し、実践します。

6か月後に改善度を確かめます。

メタボリックシンドローム予備群の方

  • 動機づけ支援
    メタボリックシンドロームになる一歩手前です。保健指導が1回行われます。
    目標を立てて、実際に行動できよう支援します。

メタボリックシンドロームの方 

  • 積極的支援
    メタボリックシンドロームを改善するため、3~6か月にわたり継続的に保健指導が行われます。 
お問い合わせ先
市民課保険サービス係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3191
メールアドレス:shimin@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?