現在の位置

ジェネリック医薬品を利用しましょう

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初に作られた薬(先発医薬品、新薬)の特許が切れてから作られた薬で、厚生労働省により先発医薬品と効き目や安全性などが同等であると認められた医薬品のことです。ジェネリック医薬品は、元となる新薬よりも開発費を抑えられるため、価格が安くなります。

そのため、ジェネリック医薬品をご利用ただくことで、窓口での自己負担額の軽減だけでなく、全体の医療費の抑制にもつながります。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について(厚生労働省HP)

ジェネリック医薬品を利用するには

ジェネリック医薬品のご利用を希望される場合は、医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

国保保険証の更新時の郵送に合わせて、「ジェネリック医薬品希望シール」を同封します。薬の処方の際にジェネリック医薬品を希望する場合は、シールを保険証やお薬手帳などに貼ってご利用ください。

ジェネリック医薬品を希望する際の留意点

ジェネリック医薬品のご利用を希望される場合に、気を付けていただくことがあります。

  • ジェネリック医薬品に変更しても、薬代の差額が少ない場合や薬代のほかに技術料や管理料が加わることによって、窓口での自己負担額があまり変わらないことがあります。
  • 病院や薬局によっては、ジェネリック医薬品を取り扱っていないことや取り寄せとなることがあります。また、医薬品によってはジェネリック医薬品が存在しない場合や、医師の判断によりジェネリック医薬品への変更ができない場合があります。

ジェネリック医薬品に関するお知らせを送付します

袋井市国保では、治療にかかる費用負担を軽減するため、現在処方される薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合に自己負担額に一定の金額以上の軽減が見込まれる35歳~74歳の方を対象に、「ジェネリック医薬品に関するお知らせ(差額通知)」を送付しますので、薬の処方の参考としてください。

なお、対象となる薬は、生活習慣病関連や自己負担額の軽減効果が高いものに限られます。

お問い合わせ先
市民課保険サービス係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3191
メールアドレス:shimin@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?