現在の位置

静岡理工科大学との包括連携協定による取り組み

背景とねらい

袋井市と静岡理工科大学とは、産学官連携推進協議会(平成13年11月設立)を中心に、 情報交換会や地域産業の振興を図る共同事業など、各分野での連携を図ってまいりました。

今日、人口減少や少子高齢化をはじめ、グローバル化・情報化社会などが進展する中、 地域の活性化や質の高いサービスがより一層求められることから、市と大学とのこれまでの協力関係をより強固なものとし、地域産業の活性化をはじめ、地域防災・健康づくり・環境保全・ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)のまちづくりなど、様々な分野において相互に協力し、地域社会の発展と人材の育成に寄与することを目的として、「包括的な連携に関する協定」を締結しました。

調印式の写真

袋井市と静岡理工科大学との包括連携に関する協定書(PDF:405.4KB)

連携分野

  1. 健康づくりの推進
  2. まちづくり、地域産業の活性化
  3. 教育、人材育成
  4. 地域防災力の向上
  5. 環境保全と共生
  6. 公共経営、情報化の推進

取り組みモデル

袋井市と静岡理工科大学が組織的・実質的に協力することで、地域の課題(ニーズ) と大学の資源(シーズ)のマッチングを図り、市政のさらなる発展と地域に開かれた大学づくりを目指します。

急速に進む人口減少、高齢社会への対応

  • 生活習慣病に効果のある機能性食品の開発、スポーツ実践指導による運動機能の増進など、健康・体力づくりの推進

誰もが安心で安全に暮らすための防災・減災対策

  • 地震をはじめ、想定される様々な災害に対するICT活用、科学的対応による防災・減災手段の構築

次の世代に夢が広がる産業振興

  • 大学研究拠点施設を活用した、電気自動車などの次世代移動体研究や新材料の共同開発などによる産業振興の推進
  • 未来のエネルギーの開発・普及策の検討、環境問題への科学的取組など、安全 ・安心な環境づくりの推進
  • 6次産業化やコミュニティビジネスなど、農資源を有効活用したビジネスモデルの構築

パートナーシップによる人づくり

  • 工学系技能を有する高齢者で、大学などが実施する活動に参加可能な人材を登録する「モノづくり市民バンク」制度の構築による、高齢者の生きがいづくりと積極的な地域の人材活用

推進体制

推進体制

包括連携による取り組み

大学資料を市本庁舎へ設置

市役所本庁舎3階・産業政策課カウンター前及び2階・情報公開コーナーに特設コーナーを設けて、静岡理工科大学の学校案内をはじめ、イベントチラシなど様々な資料を配布しています。

市役所3階・産業政策課カウンター前

産業振興室カウンター前

市役所2階・情報公開コーナー

市役所2階情報公開コーナー

市の資料を大学内食堂へ設置(平成26年1月~)

静岡理工科大学内食堂に特設コーナーを設けて、広報紙をはじめ、募集案内やイベントチラシなど様々な資料を配布しています。

市役所1階ロビー

市役所1階ロビー

平成26年度の取り組み

地域学講座(企画政策課・総務課)

地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的に、職員研修の一環として、袋井市から職員を6人派遣し、大学と共同で開講しました。

大学の選択制の講義に市職員がファシリテーター役として参画し、4日間にわたる講義やフィールドワークを通して調査研究を行い、学生がグループごとに市へ政策提言を発表しました。 

 テーマ

若者から見た「歩いて楽しいまちなかプロジェクト」

実施日

平成26年8月4日・6日・19日・20日(4日間) 

内容

市長講演、袋井商工会議所会頭講演、グループワーク、フィールドワーク(ふくろい遠州の花火会場、JR袋井駅南口及び駅舎、可睡斎、袋井駅周辺自由散策)、政策提言発表

会場  

静岡理工科大学、市内各所

受講者

静岡理工科大学学生 31人、袋井市派遣職員 6人

提言内容(市長賞)

テーマ

静かな街づくり袋井~過疎ってたっていいじゃない~

提言内容
  • メロン公園内にメロンをコンセプトとした遊具の設置
  • 公園とウオーキングコースの一体整備
  • イルミネーション計画(駅前の暗さの改善、袋井のイメージカラーである緑色イルミネーションの活用、日照時間を利用した太陽光発電の活用、大学と連携した太陽光発電の開発)

袋井市公共交通最適化検討事業(市民協働課)

静岡理工科大学と委託契約を締結し、袋井市における公共交通の最適なあり方を検討するため、現在の公共交通の調査・検討を行うとともに、公共交通体系のシミュレーション、新しい交通システムの提案を受けました。

「袋井市ホームページ」のリニューアル(市長公室)

市ホームページのリニューアルにあたり、実践ベンチャービジネス講座を履修している学生8人の協力によりアンケート調査を実施するとともに、ホームページ利用上の課題やデザインなどについてご意見ご提言をいただき、構築作業や実際のホームページなどに反映させました。

市の審議会などへの教授らの派遣

10人(総合計画審議会委員 ほか)

平成27年度の取り組み

地域学講座(企画政策課・総務課)

地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的に、職員研修の一環として、袋井市から職員を6人派遣し、大学と共同で開講しました。

大学の選択制の講義に市職員がファシリテーター役として参画し、4日間にわたる講義やフィールドワークを通して調査研究を行い、学生がグループごとに市へ政策提言を発表しました。 

テーマ

袋井市の「シティプロモーション」

実施日

平成27年8月6日・7日・19日・20日(4日間)

内容 

市長講演、派遣職員発表「袋井市の地域資源」、グループワーク、フィールドワーク(ふくろい遠州の花火会場、静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所、湊命山、法多山)、政策提言発表

会場

静岡理工科大学・市内各所

受講者 

静岡理工科大学学生 25人、袋井市派遣職員 5人

提言内容(市長賞)

テーマ

クラウンメロンが袋井市を盛り上げる!!

提言内容
  • 「袋井メロンフェスティバル」の開催
  • 「メロン料理」の販売・開発
  • 「メロン関連グッズ」の販売・開発

学術交流振興基金を活用した理科イベント「お理工塾」の開催(生涯学習課)

袋井市学術交流振興基金を活用し、公開講座等開催事業助成の一環として、市内公民館で静岡理工科大学学生(お理工塾応援隊)が企画・運営をした「お理工塾」を開催しました。

公民館DEお理工塾(4回)

「手作りラジオを作ってみよう」

  • 平成27年11月7日…浅羽東公民館
  • 平成27年11月21日…袋井南公民館
  • 平成27年12月5日…三川公民館
  • 平成27年12月19日…高南公民館

市の審議会などへの教授らの派遣

9人(行政改革推進委員会 ほか)

平成28年度の取り組み

地域学講座(企画政策課・総務課)

地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的に、職員研修の一環として、本市から職員を5人派遣し、大学と共同で開講しました。

テーマ

袋井市の「未来」を考えてみよう!~ICTの街づくりで袋井市の「未来」はこう変わる~

実施日

平成28年8月4日・5日・16日・18日(4日間)

内容

市長講演、ICT街づくり課発表、市職員発表、グループワーク、フィールドワーク(湊命山、袋井市役所、クラウンメロン支所、可睡斎)、政策提言発表

会場

静岡理工科大学、市内各所

受講者

静岡理工科大学学生 31人、袋井市派遣職員 5人

提言内容(市長賞)

テーマ

スポーツの復興~2019年に向けてタックル!~

提言内容
  • 小学校で学校対抗ラグビー大会の開催
  • VR機器を使用したラグビーの疑似体験
  • スタンプラリー式のアプリケーションによるラグビー名所の観光案内

袋井市オープンデータ利活用検討事業(ICT街づくり課)

静岡理工科大学と委託契約を締結し、袋井市におけるオープンデータの取組推進や市民サービスの向上に資するため、現在のオープンデータ形式や取組方法について、技術的助言やオープンデータ利活用事例の提案を受け、アプリの開発に着手しました。

中国向け情報発信事業(企画政策課)

中国に向けて、まちの魅力を情報発信するための仕組みづくりとして、企画政策課シティプロモーション室非常勤嘱託職員の江潔(コウケツ)さん(中国・江蘇省出身 静岡理工科大学大学院卒 女性)が自身の留学経験からヒントを得て、事業を企画しました。9月から静岡理工科大学に新たな中国人留学生が訪れることに合わせ、留学生や中国人観光客へ中国版「LINE」”Wechat(ウイチャット)を活用した情報発信を行っています。

内容

  • 中国版ライン「ウイチャット」で静岡理工科大学の中国人留学生を支援
  • 日常生活でのQ&Aや観光、店舗情報など留学生や中国人観光客が必要とする情報を掲載
  • 留学生の利用の定着化を図り、他大学や本国の家族や友人に袋井の魅力を拡散

「広報ふくろい」コラム ”静岡理工科大学NEWS!”の掲載(企画政策課)

市民や地域に対し、大学の地域貢献活動等を紹介するとともに、大学と市の連携事業等の地域の課題と大学の資源のマッチングの強化につなげるため、隔月にて、年間6回のコラムを掲載しました。

回数 掲載月 内容(テーマ)
1回目 4月 市民の皆さんにとって、より「身近な大学」を目指します!
2回目 6月 大学の研究力を宇宙産業や医療分野に応用して、地域社会へ貢献!
3回目 8月 食堂や図書館もご利用いただけます!!キャンパスに気軽に遊びにきてください!
4回目 10月 大学生が市職員と一緒に袋井市を学び、袋井市の未来を考える!
5回目 12月 大学生が袋井市に結集、ものづくりを競う!
6回目 2月 ネットワークとコラボレーションで、地域の活力を生みだそう!

学校給食における調理場内衛生管理事業(おいしい給食課)

学校給食において、HACCPの手法を念頭に、食品衛生管理を行っていくことが、予想されるため、HACCPの基礎知識及び活用方法、今後の展開について助言や提案を受けました。

市の審議会などへの教授らの派遣

12人(行政改革推進委員会 ほか)

お問い合わせ先
企画政策課企画係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3105
ファクス:0538-43-2131
メールアドレス:kikaku@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。