現在の位置

公共施設マネジメントに取り組んでいきます。

計画的に公共施設マネジメントの推進を図るため、施設の複合化や多機能化などにより、公共施設の適正な再配置を行い、施設総量の縮減・抑制を図っていく必要があります。
そのため、本市では平成26年度に「公共施設白書」を作成し、平成27年度には「公共施設マネジメント計画」を策定する予定です。

公共施設の更新問題について 

 全国的に公共施設の多くは、都市化の進展や経済成長とともに集中的に整備されてきましたが、近い将来、これらを一斉に更新する時期がやってきます。本市においても、例外ではなく、いずれこの時期を迎えることとなります。

 また、本市においても、10数年後には高齢化と人口減少が進むことが見込まれ、財政状況の悪化とともに、必要性の高い公共施設についても、維持できなくなる可能性があります。

公共施設白書について 

 こうしたことから、現在の公共施設の総量を維持し続けることは不可能であり、全国の自治体でも、同様の課題が生じています。

 今、この問題に向き合わなければ、次世代に結論を先送りし、大きな負担を押しつけることになります。

 そこで、公共施設の将来の姿を考えるため、公共施設の全体像を把握し、現状と課題を明らかにするため、平成26年度に「公共施設白書」を作成し、全庁的な共通認識を図ることはもとより、市民の皆様と情報を共有しながらこの問題に取り組んでいきます。

公共施設マネジメントへの取組方針と基本計画について 

 作成した白書による現状と課題を踏まえ、公共施設の適正な再配置を行うため、長寿命化や長期修繕計画だけではなく、施設の複合化や多機能化などにより、機能はそのまま維持しながら、施設総量の縮減・抑制を図っていくための基本的な方針を定める必要があります。

 また、その方針に基づき、向こう40〜50年先を見据えた基本計画(5〜10年の計画期間)が必要であり、総合計画や行政改革大綱と併せて検討していきます。

今後のスケジュール 

平成26年度

公共施設白書を作成(公募型プロポーザル方式による業務委託)

4月上旬:民間事業者の募集

4月下旬:プレゼンテーションの実施

5月上旬:事業者の決定

9月:中間報告

2月:最終報告、成果品の納入

平成27年度

公共施設マネジメント計画を策定


募集の詳細及び選定要領につきましては、平成26年4月1日以降にホームページでお知らせします。

(イラスト)袋井市キャラクター

お問い合わせ先
企画政策課企画係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3105
ファクス:0538-43-2131
メールアドレス:kikaku@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?