現在の位置

新消防団車両が配置されました

地域を守る新しい戦力!

平成28年1月1日、袋井市消防出初式において、原田英之袋井市長から袋井市消防団へ『消防ポンプ自動車』、『小型動力付き消防自動車(可搬積載型消防自動車)』が貸与されました。

消防ポンプ自動車は袋井方面隊第2分団(高尾地区)、可搬積載型消防自動車は袋井方面隊第7分団(三川地区)へ配属され、袋井方面隊第2分団の山崎篤分団長からは「貸与された消防自動車の性能を熟知し日々訓練に励み、多種多様化する災害に最大限の効力を発揮し、地域の安全確保に努めていきたい」と力強く謝辞がありました。

 

消防自動車目録授与の様子

新消防団車両の紹介

消防ポンプ自動車

消防ポンプ自動車、いわゆる「ポンプ車」で、消防活動の主力となる車両です。消防ポンプを搭載した車両で、消火栓や防火水槽などの水利に部署し放水活動を行います。時には、別のポンプから中継送水を受けて火災の前線で放水活動を行います。

袋井方面隊第2分団貸与車両

袋井方面隊第2分団貸与車両

小型動力ポンプ付き自動車

可搬式の消防ポンプを積載する車両で、「可搬積載車」と呼ばれます。

可搬積載車はポンプ車とは異なり、ポンプを取り外して持ち運びができるようになっており、車が入り込めない場所でもポンプを運んで放水することが可能です。

また、チェーンソーやエンジンカッター等の救助資機材を搭載し、火災のみならず、特殊な災害にも対応できる多機能型消防車両です。

 

袋井方面隊第7分団貸与車両

袋井方面隊第7分団貸与車両

袋井方面隊第7分団貸与車両


消防車のぬりえがダウンロードできるよ。遊んでみてね。

 

ポンプ車 ぬりえ(PDF:68.3KB)

消防団員を募集中しています!

袋井市消防団では、団員それぞれが職業を持ちながらも「自分たちの地域は自分たちで守る」という精神に基づき、地域防災活動のリーダーとして幅広く活動しています。

特に、地域住民の皆さんとのふれあいを大切にした活動は、防災に強い安全な街づくりの実現に欠かせないものです。

過去に発生した地震や風水害などの大規模災害においても、消防団が果たした人命救助などの役割は非常に大きく、地域防災の中核としてその活動を期待されています。

各地域で活躍する消防団に、あなたの参加をお待ちしております。

袋井市消防団について

お問い合わせ先
危機管理課危機対策係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3108
ファクス:0538-43-2132
メールアドレス:bousai@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。