現在の位置

ラグビーワールドカップ2019の開催をプロジェクション・マッピングで盛り上げ(3月15日~17日、JR愛野駅南口前)

ラグビーワールドカップ2019(TM)をテーマとした映像を投影

2019年9月にいよいよ開幕するラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会。会場の1つである静岡県袋井市の小笠山総合運動公園エコパスタジアムでは、日本代表戦を含む8か国の4試合が開催されます。

このたび袋井市では、小笠山総合運動公園エコパスタジアムの玄関口(最寄駅)であるJR愛野駅南口前にて、ラグビーワールドカップ2019(TM)の開催をテーマとしたプロジェクション・マッピングを実施し、大会開催に向けた機運を盛り上げます。

皆さんも是非、ご覧ください。

実施日時

2019年3月15日(金曜日)~3月17日(日曜日) 午後6時30分から午後9時
(映像は、断続的に繰り返し投影します。)

【みんなで一緒にオープニングのカウントダウンをしよう!】
 3月15日(金曜日)午後6時30分の最初の投影時に、オープニング・セレモニーとして、開始のカウントダウンを行います。ぜひ、ご参加ください。

場所

JR愛野駅南口前(ロータリー中央部モニュメントに投影) 

投影映像
「ラグビーワールドカップ2019(TM)小笠山総合運動公園エコパスタジアム」

小笠山総合運動公園エコパスタジアムで試合を行う8か国のプレーや応援で盛り上がる様子、試合日程などを紹介。大会開催に向けた機運を盛り上げます。約120秒。制作・袋井市。

IMG_MAIN

上記イメージは投影内容の一部です。全編は、ぜひ現地で実際の映像をご覧ください。

RWC2019_HC_SHIZUOKA

TM(C)Rugby World Cup Limited. All rights reserved.
※使用されている画像等は、大会組織委員会から許可を得たうえで使用しています。

袋井市とアイルランドとの交流をテーマとした映像も同時投影します

ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会の翌年には、2020年東京オリンピックが開催されます。
2020年東京オリンピックでは、袋井市はアイルランド選手団のベースキャンプ地に決定しています。

実施に合わせ、袋井市とアイルランドとの交流をテーマとした映像も同時投影します。アイルランドのシンボルカラーの緑色を基調とした映像で、2か国の交流に向けた機運を盛り上げます。約180秒。制作・袋井市。

投影映像 「袋井市とアイルランドとの交流」

実施イメージ「袋井市とアイルランドとの交流」

アイルランドの祝祭日「セント・パトリックス・デー」を祝福

実施イメージ「袋井市とアイルランドの交流」ふくろい遠州の花火

「ふくろい遠州の花火」など、袋井市の映像も流れます

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
企画政策課シティプロモーション室

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3104
ファクス:0538-44-3150
メールアドレス:kikaku@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?