現在の位置

熱中症に注意しましょう!

「熱中症」は、暑さにより体内の水分や塩分、あるいは体温の調節機能のバランスが崩れるなどして起きる様々な症状の総称です。

熱中症は、屋外や日中だけでなく、屋内や夜間を問わず発生し、状況によってはとても重く危険な症状になるほか、最悪の場合は生命にかかわる可能性もあり、注意が必要です。

5月頃から、気温や湿度が高くなり、熱中症の危険性が高まります。

特に、8月は熱中症による救急搬送が増える傾向があります。

熱中症を正しく理解して、しっかりと予防対策に取り組みましょう。

〈熱中症の危険度を表す指標「暑さ指数(WBGT)」はこちらで確認できます。〉

⇒環境省熱中症予防情報サイト

熱中症イラスト

注意すれば防げます!

熱中症予防のポイント

室温に注意しましょう

部屋の温度が28℃を超えないように、エアコンや扇風機などを使いましょう。

こまめに水分補給をしましょう

のどが乾かなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

外出のときは日よけ対策をしましょう

締め付けの少ない涼しい服装で、必ず帽子などを着用して必ず日よけ対策をしましょう。

また、できるだけ日かげを歩くようにしましょう。

日ごろからしっかりと体調管理をしましょう

栄養バランスの良い食事や適度な運動など、普段からの体調管理を心がけましょう。

熱中症の症状は?

熱中症が疑われる症状は、めまいや頭痛、吐き気、からだがだるい、大量の発汗などです。
重くなると、まっすぐに歩けない、体温が高くなる、けいれん、意識がないなどの症状が発生します。

熱中症が疑われたら?

応急処置のポイント

  涼しい場所につれて行きましょう

 風通しの良い日かげやクーラーのきいた部屋につれて行きましょう。

  からだを冷やしましょう

 胸元やベルトなどをゆるめ、水をかけたりうちわや扇風機などでからだを冷やしましょう。

  水分・塩分を補給しましょう

 スポーツドリンクなど、塩分も補えるものを飲みましょう。

  医療機関に運びましょう

 意識が無い、反応がおかしいなどの症状がある場合は、速やかに医療機関へ搬送しましょう 。

特に子どもや高齢者は注意が必要です!

体温調節機能が十分ではない高齢者や子どもは、熱中症になりやすいため、本人だけでなく、周囲も十分に注意しましょう。

「熱中症講座」を開催しています!!

事業所や自治会等の要望により、市から講師を無料で派遣し、熱中症予防をテーマにした講座を開催しています。

熱中症講座の様子

詳しくは、下記担当課までお問い合わせください。

参考資料

熱中症予防リーフレット(一般向け)(PDF:528.5KB)

熱中症予防リーフレット(高齢者向け)(PDF:764.6KB)

熱中症予防リーフレット(乳幼児向け)(PDF:509.6KB)

お問い合わせ先
健康づくり課健康企画室

〒437-0061
静岡県袋井市久能2515-1
はーとふるプラザ袋井(市総合健康センター)
電話:0538-84-6127
ファクス:0538-42-7276
メールアドレス:kenkoudukuri@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。