現在の位置

生ごみ減量(水切り10%)大作戦!

水切り徹底で目指せ1,000万円削減!

生ごみ減量水切り10パーセント大作戦タイトル

生ごみの大半は可燃ごみ!?

袋井市ではごみの処理経費(燃料費・埋め立て費用など)で約11 億円※が掛かっています。
 ごみの大部分を占めているのは可燃ごみです。

 可燃ごみの大半は水分で、1日1人約大さじ3杯(約50cc)の水切りをするだけで、袋井市の年間ごみ処理経費が約1,000万円削減になることから、ごみの減量には水分の除去(水切り)がとても重要です。

 可燃ごみの水切り徹底は、単純な市の経費削減だけではなく、家庭でもごみの重量が減り、ごみ出しの負担軽減になるほか、ごみの腐敗防止や悪臭対策も期待できます。

※平成27 年度一般会計による

水切りを実践してみよう!

生ごみ減10パーセント水切り大作戦

削減された経費は更なるまちづくりへ!

 削減された経費は、小・中学校のトイレの洋式化や津波対策のための防潮堤整備などに充てることで、子どもたちの教育環境の改善や市民の皆さんの安心・安全につながる事業が一層加速できます。

 市民の皆さん一人ひとりの協力が必要です。

 「1,000万円削減」という目標に向かって一緒に頑張りましょう!

お問い合わせ先
環境政策課環境衛生係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3115
ファクス:0538-44-3185
メールアドレス:kankyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?