現在の位置

ノロウイルスにご注意ください

家庭内でのノロウイルス食中毒にご注意ください!

 冬季はノロウイルスが大流行します。不顕性感染者も含めると、年間数百万人程度が感染していると推定されています。

 このウイルスは感染力が非常に強く、急性胃腸炎を発症するほか、ウイルスの付着した食品や感染した人が調理した食品を食べると食中毒を起こします。

 症状は、吐き気・おう吐・腹痛・下痢・発熱などで、症状が回復しても数週間ウイルスを便に排出することがあります。感染しても症状の出ない人がいますが、ウイルスを排出して感染源となる場合があるため、注意が必要です。

 

●家庭での予防ポイント

 1 家族全員でしっかり手を洗いましょう!(特に、トイレの後、おむつ交換を行った後、

   調理前、食事前、帰宅前)

    手洗いは、石けんを十分泡立てて汚れを浮かし、多量の水でウイルスを洗い流すことを

   心掛けましょう。

 2 おう吐や下痢の症状がある人は、なるべく調理を避けるなどの予防対策をしましょう。

 3 加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱しましょう。(特に二枚貝の調理は注意

     しましょう。)

 

●おう吐物の処理方法

  患者のおう吐物やおむつなどは、速やかに処理し、二次感染を防止しましょう。

  ノロウイルスは乾燥すると空中に漂い、口に入って感染することがあります。

  塩素系消毒液等を用いて、適切に処理をしましょう。

西部保健所のホームページ

お問い合わせ先
環境政策課環境企画係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3135
ファクス:0538-44-3185
メールアドレス:kankyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?