現在の位置

小規模自治体におけるオープンデータを活用した事業機会創出に関する調査研究

全国初!静岡県内4市1町の道路台帳等オープンデータを活用した事業機会創出に関する調査研究を実施

第1回オープンデータ検討部会

〔写真〕 第1回オープンデータ検討部会 平成30年8月30日開催 

 現在、世界的な兆候として、デジタルデータが資産的な価値を持つようになり、国は、オープンデータ等を資源としたデジタルプラットフォームの構築を目指しています。

 このため、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(以下、JIPDEC)は、平成30年度「経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業」の採択を受け、「小規模自治体におけるオープンデータを活用した事業機会創出に関する調査研究」を実施することなり、本市をはじめ、掛川市・菊川市・御前崎市・森町が参画。5市町をフィールドに、自動運転などへの利活用が期待される市の道路台帳を民間事業者が利用しやすい形式でオープンデータ化するための、ニーズや制度上の課題などを整理と、複数自治体や民間事業者で展開するアクションプランを策定することとしています。

 袋井市では、この事業に参画し、民間の更なるオープンデータの活用を促進するとともに、近隣市町や有識者、民間企業などとの多様な連携を図り、広くICTを生かした街づくりを推進します。

1 事業名

 平成30年度「経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業」

2 採択名

 小規模自治体におけるオープンデータを活用した事業機会創出に関する調査研究

3 受託者

 一般社団法人日本情報経済社会推進協会(東京都)

4 研究内容

・道路台帳等のデータフォーマットの統一
・自治体から民間事業者へのオープンデータの提供方法
・オープンデータの更新頻度
・ 民間事業者等のオープンデータの売り込み方法 など

5 具体的な取り組み

・自治体職員のオープンデータに関するスキル向上のための研修
・官民対話による事業化ニーズの把握
・データ公開によるサービス化についての利活用アイデアの検討(アイデアソンの実施)

6 参考資料

資料1 オープンデータ検討部会の概要 (PDF:396.2KB)

資料2 オープンデータ検討部会の概要補足説明 (PDF:991.5KB)

7 担当

 袋井市企画財政部ICT街づくり課情報政策係
 電話:0538-44-3106  E-mail:jouhou@city.fukuroi.shizuoka.jp

 袋井市企画財政部ICT街づくり課情報政策係

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。