冨士浅間宮

更新日:2021年05月31日

 国本にある冨士浅間宮は、今から約1200年前に征夷大将軍の坂上田村麻呂によって、山名の神社として建立されました。天正年間には武田の兵火によって焼失しますが、天正18年に地頭の本間源三郎が再建し、寛永15年に久野城主北条氏重によって現在の場所へ移築されました。この檜皮葺きの本殿は、国の重要文化財に指定されています。平成30年に前回の修理から38年振りとなる屋根の吹き替えを行い、美しい姿になりました。

 

冨士浅間宮 本殿

 

田遊び

 毎年1月3日には、「田遊び」という民俗行事が行われます。田打ちや田植えなどの稲作のまねごとを演じ、その年の豊作を祈願するお祭りです。下記のリンクから田遊びの映像を見ることができます。

 ※音声が流れます。

 

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課文化財係

〒437-1102
静岡県袋井市浅名1027
電話:0538-23-9264
メールアドレス:syougai@city.fukuroi.shizuoka.jp
みなさまのご意見をお聞かせください

返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。