現在の位置

家屋を取り壊した場合は

答え

家屋を取り壊した場合には、税務課資産税係に「家屋の取り壊しの届出書」を提出してください。
また、取り壊した家屋が登記をしてある場合には、法務局へ「滅失登記」の手続きも必要です。
家屋の固定資産税は、毎年1月1日現在に家屋を所有している方に課税されますので、その年の途中で取り壊した場合でも、その年に課税される固定資産税・都市計画税は納税していただくことになります。
その家屋の固定資産税・都市計画税は、翌年度から課税がなくなりますが、取り壊した家屋が居宅の場合、土地の固定資産税については税額が上がることがありますので、詳しくは税務課資産税係(TEL.0538-44-3110)にお問い合わせください。

お問い合わせ先
税務課資産税係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3110
メールアドレス:zeimu@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

袋井市からのお知らせ
  • 袋井市夢の丘墓園・使用者(第2次)募集のお知らせ
  • 広報ふくろい
  • 広報ふくろい電子書籍版(しずおかイーブックス)
  • ふるさと納税で袋井市を応援しよう!
  • 袋井の農産物

  • よくあるご質問
  • 市の施設を探す
出来事で探す
  • 結婚・離婚
  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 成人
  • 引越・住まい
  • 就職・退職
  • 余暇・文化
  • ご不幸
目的別でさがす
  • ごみ・環境
  • 上下・水道
  • 戸籍・住民票
  • 市税・証明
  • まちづくり
  • 国保・年金
  • 防災・安全
  • 入札・契約
市税・証明