現在の位置

地域資源活用支援制度

中小企業への「地域資源」活用支援制度がスタートしました。

平成19年6月29日に中小企業地域資源活用促進法が施行され、中小企業が地域資源を活用して新商品・新サービスの開発・市場化への取組みを行う場合、国が中小企業の事業活動を総合的に支援する制度が創設されました。

地域資源とは 

  1. 地域の特産物として認識されている農林水産物または、鉱工業品
  2. 鉱工業品の生産にかかわる技術
  3. 地域の観光資源として認識されているもの

上記の3類型からなり、平成19年8月31日に袋井市で指定された地域資源については、農林水産品として静岡温室メロン・黒大豆、産地の技術として袋井宿たまごふわふわ・遠州鬼瓦、観光資源として遠州三山・ふくろい遠州の花火等があります。
詳しくは、静岡県ホームページをご覧ください。

静岡県ホームページ

中小企業とは 

中小企業基本法に定める中小企業者に加え、農業協同組合、商店街振興組合、酒造組合等も含まれますので、詳しくは静岡県商工会連合会までお問い合わせください。

申請手順 

 袋井市内の中小企業が、袋井市で指定された地域資源を活用し、新商品の開発などを行う場合は、地域資源活用事業計画を作成し、国の認定を受けることで、各種支援措置の対象となります。
 例えば、黒大豆を使用したアイスを開発し特産品として県内外へ売り込みたい場合、静岡県商工会連合会に相談し、専門的なアドバイスを受けながら事業計画を作成します。その事業計画を県経由で国へ申請し、認定がされるとアイスの試作品開発費に対する補助金を受けることができたり、設備投資減税や各種融資も受けられる制度です。

 中小企業が地域資源活用事業計画を作成 → 県の窓口に申請 → 国が認定 → 様々な支援が受けられます。

支援措置

  • 専門家などによるアドバイス
  • 試作品開発などに対する補助金
  • 設備投資減税
  • 政府系金融機関による低金利融資
  • 信用保証枠の拡大など

問い合わせ先 

 県商工会連合会  事業振興課  電話 054−255−9811

お問い合わせ先
産業政策課企業誘致係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3155
ファクス:0538-44-3179
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?