現在の位置

袋井市新型コロナウイルス感染拡大防止協力金(休業要請に伴う協力金)について

令和2年6月30日をもって袋井市新型コロナウイルス感染拡大防止協力金の申請受付期間は終了しました。

休業要請にご協力いただきありがとうございました。

 

休業要請期間

 

令和2年4月25日(土曜日)~令和2年5月6日(水曜日)

 

対象施設

A 袋井市が休業要請する対象施設

 

食堂、レストラン
専門料理店
そば・うどん店
すし店
酒場(居酒屋など)・ビヤホール
喫茶店
その他飲食店
温泉施設

※専らテイクアウト業務・宅配サービス専門で営業している店舗は対象外です。
 

A 休業要請の対象となる施設 (PDF:79.4KB)

B 県(特措法に基づく)及び市が休業要請する対象施設 (県の要請施設と同様)

 

1 遊興施設 キャバレー、ナイトクラブ、バー、ネットカフェ、漫画喫茶、
カラオケボックスなど
2 運動、遊戯施設等    体育館、水泳場、ボウリング場、スポーツクラブ、マージャン店、
パチンコ店、ゲームセンターなど
3 劇場等 劇場、観覧場、映画館、演芸場など
4 自動車教習所等 自動車教習所、学習塾、音楽教室など
5 集会・展示施設 博物館、美術館、ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る)など
6 商業施設 ペットショップ、おもちゃ屋、鉄道模型屋、DVD/ビデオショップ、
旅行代理店(店舗)、ネイルサロン、エステサロンなど

※上表のうち、4、5、6は建築物の床面積の合計が1,000平方メートルを超えるものに限ります。
 

B 休業要請の対象となる施設 (1,2,3) (PDF:576KB)
B 床面積により休業要請の対象となる施設(4,5,6) (PDF:577.4KB)

支給額

1事業者あたり30万円
※県が実施する協力金の申請を既に県又は他市町に申請済み(見込み)の場合は、10万円の支給となります。

支給要件

以下の条件をすべて満たす対象施設を運営する中小企業及び個人事業主であること

(1)令和2年4月27日(月曜日)から令和2年5月6日(水曜日)までの期間のすべてにおいて休業を行うこと

(2)令和2年4月26日(日曜日)時点で、対象施設を運営していること

(3)申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が静岡県・袋井市暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員又は同条第3号に規定する暴力団員等に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。また、上記の暴力団、暴力団員及び暴力団員等が、申請事業者の経営に事実上参画していないこと。

 

※休業要請期間は「令和2年4月25 日(土曜日)から令和2年5月6日(水曜日)」までであり、この期間について休業を行っていただくことが基本ですが、事業者の方への周知期間を勘案し、協力金を支給する要件につきましては「令和2年4月27 日(月曜日)」を休業の開始日としています。

休業要請協力店舗一覧 (7月29日更新)

令和2年4月27日から5月6日までの休業要請に御協力いただき、協力金の支給決定した対象施設名(屋号)を御紹介させていただいております。

詳しい店舗名は下記ファイルを御確認ください。

(注意)申請書を御提出いただいてから支給決定までに2週間程度かかるため現在掲載している店舗が休業要請に応じていただいたすべての店舗ではありません。支給決定後、随時更新いたします。

 

協力金支給決定店舗一覧(7月31日現在)(PDF:285.2KB)

お問い合わせ先
産業政策課産業労政室

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3136
ファクス:0538-44-3179
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。