現在の位置

地域若者サポートステーションはままつのご案内

サポステはままつは、働きたいけど、一歩を踏み出せない、若者の職業的自立を支援する拠点です!

「働きたいけど、何から始めればいいのかわからない」

「自分に合った仕事がなかなかみつからない」

「いつも人間関係でつまずいて、仕事が長く続かない」

「不登校、ひきこもり経験があり、自分に自信が持てない」


地域若者サポートステーション(通称:サポステ)事業は、厚生労働省からの委託を受け全国で実施されています。
地域若者サポートステーションはままつ(以下、サポステはままつ)では、15歳から39歳までの方、その保護者などを対象に就労についての相談を受けています。
個別での相談をもとに、ご本人の状況に合わせて支援の方法を考え、様々な機関と連携して支援を行っていきます。
また、ハローワークなどの就労支援機関をはじめ、保健、医療、福祉、教育、他のNPO等と連携を取っていきます。
キャリアコンサルタント、臨床心理士による個別相談に加え、職場見学・体験、ソーシャル・スキル・トレーニングも実施しています。

サポートの流れ

1.来所相談予約

相談対象は、15歳から39歳までの無業で学生ではない若者です。まずはお電話にて来所相談の予約を入れてください。ご本人、ご家族、関係者等、どなたでも予約、相談が可能です。

電話番号:053−453-8743(受付時間:午前9時~午後6時)

2.来所相談

初回は、サポステに登録手続きをしていただくとともに、主に相談したい内容についてお話をうかがいます。その後は、相談の内容、ご本人の状態に応じて、サポステの支援プラグラムを組み合わせながら支援を進めていきます。

3.関係機関との連携

必要に応じて、ハローワークを始めとする就労支援機関や行政機関、学校、各種相談支援窓口、他のNPO団体、精神科等の医療機関、障害福祉サービス事業所等と連携して支援を行っていきます。

支援プログラム紹介

充実した支援プログラムで、皆さんの就職を支援します

キャリアコンサルティング

キャリアコンサルタントによる、キャリアコンサルティングを行います。「どんな仕事が向いているのか」「やりたいことがわからない」など、仕事探しの方向性についてのお話をうかがいます。また、仕事の探し方や面接、履歴書の書き方など、就職に向けて必要なスキルを身につけるための支援も行います。

心理カウンセリング

臨床心理士による心理カウンセリングを行っています。キャリアコンサルタントが必要と判断し、ご本人も利用について納得された方が対象となります。

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)

5回を1セットにして年間を通じて行っていきます。実生活や仕事で想定される場面について、その対応の仕方を練習します。キャリアコンサルティングを実施した後、キャリアコンサルタントが必要と判断し、ご本人も利用について納得された方に参加していただきます。

グループカウンセリング

ソーシャル・スキル・トレーニングを終え、希望される方が対象です。同じ悩みを持った人たちが共通の話題を分かち合い、仲間づくりの機会を持つことを目的としています。これをきっかけに、参加者同士がさらに職業的自立に向けてパワーアップしています。

職場見学

年数回、ご本人の希望に沿った分野の職場へ見学に行き、実際に働いている方の様子を見学させていただきます。職場見学を通して、就職へのイメージや意欲を高めていきます。

開所日・時間

受付時間・・・午前9時~午後6時
面談時間・・・午前10時~午後5時(1回の面談時間は50分)
休日・・・土曜日、日曜日、祝日、年末年始

お問い合わせ

地域若者サポートステーションはままつ(サポステはままつ)

住所:〒430−0929 浜松市中区中央1丁目13-3 ウィステリアE-one 3階 若者コミュニティプラザ内

電話:053-453-8743  ファクス:053-453-8745

saposute-hamamatsu@ray.ocn.ne.jp

サポステはままつ

お問い合わせ先
産業政策課産業労政室

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3136
ファクス:0538-44-3179
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?