現在の位置

乳幼児・児童・生徒の定期予防接種

予防接種の種類

予防接種には、予防接種法によって、対象疾患・対象者・接種間隔などが定められた「定期予防接種」とそれ以外の「任意予防接種」があります。

定期予防接種の接種費用は無料ですが、予防接種法によって決められた年齢より早く接種したり、接種年齢を過ぎたりした場合は、全額ご負担いただくこととなります。

定期予防接種

ヒブ、小児用肺炎球菌、4種混合、BCG、麻しん風しん混合(MR)、水痘(水ぼうそう)、日本脳炎、子宮頸がん、不活化ポリオ、B型肝炎(平成28年10月1日~)

任意予防接種

ロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザなど

異なった種類のワクチンを接種する場合の接種間隔

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。ワクチンの種類によって、接種間隔は異なります。

同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、それぞれ決められた接種間隔がありますので確認しましょう。

複数のワクチンを同時接種した場合の接種間隔は、生ワクチンが含まれていたときは27日以上、不活化ワクチンのみの場合は6日以上あけましょう。

接種間隔

予防接種を受ける前に・・・

  • 予防接種は体調の良いときに受けるのが原則です。体調が良くないときは接種を見合わせましょう。日ごろから、保護者の方はお子さんの体質、体調など健康状態によく気を配ってください。そして、何か気にかかることがあれば、あらかじめかかりつけ医又は健康づくり課予防接種係へご相談ください。
  • 接種の際は、お子さんの健康状態のよくわかる保護者が必ず同伴してください。保護者が特段の理由で同伴することができない場合には、お子さんの健康状態を十分把握している親族等で適切な方が同伴することは可能ですが、その場合は、委任状の提出が必要です。すこやかガイド内の委任状や健康づくり課で交付した委任状をご利用ください。

 委任状は、下記からもダウンロードできます。 

委任状・委任状記入見本(PDF:121KB)

  • 接種の前には、「予防接種と子どもの健康」をよく読み、必要性や効果、副反応について理解をしておきましょう。

「予防接種と子どもの健康」は、生後1~2か月時のすこやかガイド交付時や転入後の予防接種手続き時にお渡ししている冊子です。

予防接種を受けた後は・・・

  • 接種後30分間は急な副反応が起こることがありますので、お子さんの様子に気を配り、医師とすぐに連絡がとれる状態にしておきましょう。
  • 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  • 接種当日はいつもどおりの生活で入浴もできます。ただし、激しい運動は避けましょう。
  • 接種後、医療機関で母子健康手帳に予防接種の種類・日時・接種医療機関名などを記入しますので、必ず記入内容の確認をしましょう。
  • 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

定期予防接種の接種場所

定期予防接種の接種場所については、下記リンク「乳幼児・児童・生徒の予防接種指定医療機関」をご覧ください。

乳幼児・児童・生徒の定期予防接種指定医療機関

定期予防接種の種類

各定期予防接種についての詳細は、各ページをご覧ください。

ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン接種について

B型肝炎予防接種

4種混合予防接種

BCG予防接種

水痘(水ぼうそう)予防接種

麻しん風しん混合(MR)予防接種

日本脳炎予防接種

2種混合予防接種

子宮頸がん予防ワクチン接種の勧めの一時中止について

ヒブ

平成25年4月1日から定期予防接種に追加されました。初回接種開始月齢(年齢)により、接種回数が異なります。
ヒブ
標準的な接種期間 回数と間隔

初回(生後2か月から7か月に至るまで)

3回、27日以上、標準的には56日までの間隔

追加(初回接種(3回)終了後、7か月から13か月の間隔)

 1回

無料で受けられる期間

生後2か月から5歳になる誕生日の前日まで(初回1回目の開始月齢により、接種回数が異なります。)

小児用肺炎球菌

平成25年4月1日から定期予防接種に追加されました。初回接種開始月齢(年齢)により、接種回数が異なります。
小児用肺炎球菌
標準的な接種期間 回数と間隔

初回(生後2か月から7か月に至るまで)

3回、27日以上の間隔

追加(初回接種(3回)終了後、60日以上の間隔をおいて、1歳から1歳3か月の間)

1回、1歳以降に受ける

無料で受けられる期間

生後2か月から5歳になる誕生日の前日まで(初回1回目の開始月齢により、接種回数が異なります。)

B型肝炎

平成28年10月1日から定期予防接種に追加されました。

B型肝炎
標準的な接種期間 回数と間隔
生後2か月から生後9か月に至るまで

3回、27日以上の間隔をおいて2回接種後、1回目から139日以上の間隔をあけて1回接種

無料で受けられる期間

1歳になる誕生日の前日まで

ただし、HBs抗原陽性の妊婦から生まれ、母子感染予防のため、抗HBs人免疫グロブリンに併せてB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがあるお子さん(母子感染予防事業の対象者)は、健康保険が適用されるため、定期予防接種の対象外です。

4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)

平成24年11月1日から定期予防接種に導入されました。
4種混合
標準的な接種期間 回数と間隔

初回(生後3か月に達した時から12か月に達するまで)

3回、20日以上、標準的には56日までの間隔

追加(初回接種(3回)終了後、1年から1年半後)

 1回

無料で受けられる期間

生後3か月から7歳6か月になる前日まで

3種混合+ポリオの接種を受けた方は受ける必要がありません。

3種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)

3種混合の接種が完了していない方(4回の接種がお済みでない方)は、4種混合をお受けいただくこととなりますので、健康づくり課へご相談ください。

ポリオ

平成24年9月1日から接種するワクチンが生ワクチンから不活化ワクチンに切り替わりました。
ポリオ
標準的な接種期間 回数と間隔

初回(生後3か月に達した時から12か月に達するまで)

3回、20日以上の間隔

追加(初回接種(3回)終了後、1年から1年半後

 1回

無料で受けられる期間

生後3か月から7歳6か月になる前日まで

4種混合の接種を受けた方や生ワクチンのポリオの接種を受けた方は、受ける必要がありません。

BCG

BCG
標準的な接種期間 回数と間隔 無料で受けられる期間

生後5か月から8か月に至るまで

1回 1歳になる誕生日の前日まで

 

水痘(水ぼうそう)

平成26年10月1日から定期予防接種に追加されました。

水痘(水ぼうそう)
標準的な接種期間 回数と間隔
初回(生後12月から生後15月に達するまで) 1回
追加(初回接種後、6か月から12か月後) 1回

無料で受けられる期間

1歳から3歳になる誕生日の前日まで

麻しん風しん混合(MR)

麻しん風しん混合(MR)
標準的な接種期間 回数と間隔 無料で受けられる期間

第1期(生後12か月から24か月になる前日まで)

1回 1歳から2歳になる誕生日の前日まで

第2期(幼稚園・保育園等の年長の1年間(4月1日~翌年3月31日))

1回 幼稚園・保育園の年長の1年間

 

日本脳炎

日本脳炎
標準的な接種期間 回数と間隔

第1期初回(3歳)

2回、6日以上、標準的には28日までの間隔

第1期追加(4歳)

初回接種(2回)終了後、おおむね1年後(11か月~13か月後)

 1回
 第2期(9歳)  1回

無料で受けられる期間

第1期初回・第1期追加

生後6か月から7歳6か月になる前日まで

(特例)

平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、20歳の誕生日の前日まで

平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方は9歳から13歳の誕生日の前日まで

第2期

9歳から13歳になる誕生日の前日まで

(特例)

平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、20歳の誕生日の前日まで

2種混合(ジフテリア・破傷風)

2種混合
標準的な接種期間 回数と間隔 無料で受けられる期間
第2期(11歳) 1回

11歳から13歳になる誕生日の前日まで

子宮頸がん

平成25年4月1日から定期予防接種に追加されましたが、副反応等の理由により、平成25年6月から積極的な勧めを一時中止しています。

子宮頸がん
標準的な接種期間 回数と間隔 無料で受けられる期間
中学1年生

3回、ワクチンにより間隔が異なります。

小学6年生から高校1年生相当の女子

 

お問い合わせ先
健康づくり課予防接種係

〒437-0061
静岡県袋井市久能2515-1
はーとふるプラザ袋井(市総合健康センター)
電話:0538-42-7410
メールアドレス:kenkoudukuri@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。