現在の位置

熱中症に注意しましょう!

 「熱中症」は、暑さにより体内の水分や塩分、あるいは体温の調節機能のバランスが崩れるなどして起きる様々な症状の総称です。

 熱中症は、屋外や日中だけでなく、屋内や夜間を問わず発生し、状況によってはとても重く危険な症状になるほか、最悪の場合は生命にかかわる可能性もあり、注意が必要です。

 5月頃から、気温や湿度が高くなり、熱中症の危険性が高まります。

 特に、7~8月は熱中症による救急搬送が増える傾向があります。

 今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出を控える機会が多かったことから、暑さに慣れていないとともに、運動不足や体力の低下が心配されます。

 さらに、「新しい生活様式」の実践が求められており、これまでと違う環境下であることから、例年以上に熱中症に注意が必要です。

 しっかりと予防対策に取り組み、元気に過ごしましょう!

 

◆ 熱中症の危険度を表す指標「暑さ指数(WBGT)」などはこちらで確認できます。

⇒環境省熱中症予防情報サイト

注意すれば防げます!

熱中症予防のポイント

◆従来から継続する熱中症予防行動

室温に注意しましょう

部屋の温度が28℃を超えないように、エアコンや扇風機などを上手に利用しましょう。

こまめに水分補給をしましょう

屋外だけでなく、屋内で活動する際にも、こまめに水分を補給しましょう。

また、のどが渇かなくても意識して水分を補給するように心掛けましょう。

外出のときは日よけ対策をしましょう

締め付けの少ない涼しい服装で、必ず帽子などを着用して必ず日よけ対策をしましょう。

また、できるだけ日かげを歩くようにしましょう。

日ごろからしっかりと体調管理をしましょう

栄養バランスの良い食事や適度な運動、十分な睡眠など、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

◆「新しい生活様式」において、新たに心掛ける熱中症予防行動

正しくマスクを使用しましょう

◎夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。このため、屋外で十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクを外すようにしましょう。

◎マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の方との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクを外して休憩することも必要です。

※2歳未満のお子さんは、マスク着用により、熱中症や窒息などのリスクが高まるため、マスクを着用しないようにしましょう。(日本小児科医会より)

エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう

新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

体調が悪いと感じたときは静養しましょう

日ごろの体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

周囲への配慮を心掛けましょう

3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子どもなどへの目配り、声掛けをするようにしましょう。

熱中症の症状は?

熱中症が疑われる症状は、めまいや頭痛、吐き気、からだがだるい、大量の発汗などです。
重くなると、まっすぐに歩けない、体温が高くなる、けいれん、意識がないなどの症状が発生します。

熱中症が疑われたら?

応急処置のポイント

  涼しい場所につれて行きましょう

 風通しの良い日かげやクーラーのきいた部屋につれて行きましょう。

  からだを冷やしましょう

 胸元やベルトなどをゆるめ、水をかけたりうちわや扇風機などでからだを冷やしましょう。

  水分・塩分を補給しましょう

 スポーツドリンクなど、塩分も補えるものを飲みましょう。

  医療機関に運びましょう

 意識が無い、反応がおかしいなどの症状がある場合は、速やかに医療機関へ搬送しましょう 。

特に子どもや高齢者は注意が必要です!

 体温調節機能が十分ではない高齢者や子どもは、熱中症になりやすいため、本人だけでなく、周囲も十分に注意しましょう。

「熱中症予防講座」の開催について

 事業所や自治会等の要望により、市から講師を無料で派遣し、熱中症予防をテーマにした講座を開催することができます。

 開催に当たりましては、新型コロナウイルス感染症の感染予防のための対策が必要となりますので、開催をご検討いただいている場合は、必ず事前にご相談ください。

 感染予防対策ができない時は、講座を開催できない場合がございますので、予めご了承ください。

熱中症講座

詳しくは、下記担当課までお問合せください。

 

参考資料

熱中症予防チラシ(一般用)(PDF:1.4MB)

熱中症予防チラシ(高齢者用)(PDF:1.5MB)

熱中症予防チラシ(乳幼児用)(PDF:1.4MB)

令和2年度の熱中症予防行動(環境省・厚生労働省)(PDF:294.9KB)

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!(PDF:564.9KB)

環境省熱中症予防サイト掲載情報 無料メール配信サービスのお知らせ

 環境省熱中症予防サイトにて配信されている、暑さ指数の予測値及び実況値の情報をメールで受け取ることができるサービスがありますので、ご紹介させていただきます。

 次のURLからご確認ください。

 環境省熱中症予防サイト メール配信サービスページ
 http://www.wbgt.env.go.jp/mail_service.php

こちらもご覧ください。

環境省(熱中症予防情報サイト)

厚生労働省(新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント)

厚生労働省(熱中症関連情報)

厚生労働省(職場における熱中症予防)

お問い合わせ先
健康づくり課健康企画室

〒437-0061
静岡県袋井市久能2515-1
はーとふるプラザ袋井(市総合健康センター)
電話:0538-84-6127
ファクス:0538-42-7276
メールアドレス:kenkoudukuri@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。