現在の位置

B型肝炎予防接種

予防接種法施行令の改正により、平成28年10月1日から「B型肝炎予防接種」が定期予防接種に加わりました。

B型肝炎はどんな病気?

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。

  • B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合とそのまま感染が続いてしまう場合(持続感染)があります。
  • 乳幼児が感染すると、ウイルスが体から排除されにくく、一部は将来、慢性肝炎、肝硬変、肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。
  • 予防接種を受けることで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができ、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、持続感染を予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。

定期予防接種の対象者

平成28年4月1日以降に生まれた、満1歳の誕生日の前日までの子ども

ただし、HBs抗原陽性の妊婦から生まれ、母子感染予防のため、抗HBs人免疫グロブリンに併せてB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがあるお子さん(母子感染予防事業の対象者)は、健康保険が適用されるため、定期予防接種の対象外です。

接種回数・接種間隔

・接種回数:3回

 27日以上の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種日から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。

・望ましい接種期間:生後2か月から生後9か月まで

接種場所

乳幼児・児童・生徒の定期予防接種指定医療機関

持ち物

母子健康手帳・予診票

転入された方や予診票を紛失され、予診票をお持ちでない方は、必ず、母子健康手帳をお持ちのうえ、袋井保健センターまたは浅羽保健センターへお越しください。予診票を交付します。

 

お問い合わせ先
健康づくり課予防接種係

〒437-0061
静岡県袋井市久能2515-1
はーとふるプラザ袋井(市総合健康センター)
電話:0538-42-7410
メールアドレス:kenkoudukuri@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?