現在の位置

東京2020オリンピック アイルランドチームの事前キャンプ地に正式決定!

アイルランドオリンピック委員会(OFI)と正式契約を締結しました!

概要

 本市は、東京2020オリンピックにおける事前キャンプの誘致を進めるにあたり、2019年のラグビーワールドカップに向けた英語力の向上など、まちの国際化の取り組みをワールドカップ終了後も継続し、より充実したものとすることを目的に、英語圏の国・地域であり、ラグビーワールドカップ2019においてエコパスタジアムで試合を行うチームを対象として誘致活動を行ってまいりました。

 大会主会場となる首都圏との距離、交通利便性、練習会場となる小笠山総合運動公園エコパ及び2020年春供用開始予定の新総合体育館のポテンシャルに高い評価をいただき、アイルランドオリンピックチームの事前キャンプ地として内定し、平成30年9月に覚書を締結しました。

 このほど、平成31年4月8日から12日にかけて、市長及び議長をはじめとした関係者一行がアイルランドを訪問し、アイルランドオリンピック委員会との間で事前キャンプ実施にかかる正式契約を交わしました。

 現地ではアイルランドオリンピック委員会キーン会長との意見交換、国立スポーツキャンパス及びAVIVAスタジアムといったスポーツ施設を視察し、アイルランド現地でのアスリートの練習環境を確認しました。

 また、首都ダブリンのリング市長を表敬訪問し袋井についての情報を提供し一度お越しいただくようご案内し、在アイルランド日本大使館では現地ならではの情報を収集するとともに今後の支援を要請してまいりました。

 

 9月18日(火曜日) 午前10時

 袋井市役所においてアイルランドオリンピック委員会ウェルカムセレモニーを開催 

   ・アイルランドオリンピック委員会 ピーター・シェラードCEO(最高執行責任者)

   ・アイルランド大使館 オウエン・フラビン二等書記官兼領事

  両名をお招きして、ウェルカムセレモニーを市役所ロビーで開催いたしました。

 9月18日(火曜日) 午後

 都内アイルランド大使公邸にて覚書締結式を実施

   ・ポール・カヴァナアイルランド大使

   ・静岡県川勝平太知事

  両名にお立ち会いいただき、アイルランドオリンピック委員会ピーター・シェラードCEOと覚書を締結いたしました。

 4月9日(火曜日) 現地時間午後

 アイルランドにてアイルランドオリンピック委員会と正式契約を締結

  ・アイルランドオリンピック委員会 サラ・キーン会長

  ・スポーツアイルランド ジョン・トレーシーCEO

 両名をはじめとした関係者同席のもと、アイルランドオリンピック委員会ピーター・シェラードCEOと正式契約を交わしました。

 

写真1

 

写真2

 

写真3

写真4

写真5

2020東京オリンピック事前キャンプ概要

 7月上旬から順次袋井市入りし、市内でトレーニングを行い、競技の開催が近づいた選手から選手村に移動し、本番に備える想定です。

 小笠山総合運動公園エコパスタジアムやエコパアリーナ、2020年4月に開館する新総合体育館などが練習施設として使用される予定です。

 キャンプ実施期間は、選手または関係者をゲストにしたイベント、練習見学会の実施など地域との交流活動を計画しています。

 キャンプを実施する具体的な競技、期間などの詳細は協議のうえ決定します。 

今後

 アイルランドチームの受け入れに向けた準備を進めるとともに、市民の皆様にアイルランドについて知ってもらうためのイベントを実施してまいります。

 

アイルランド

アイルランド国旗

アイルランドのナショナルカラーは緑(グリーン)です。2020年には、市内を緑一色に染めてアイルランドチームを応援しましょう!

お問い合わせ先
スポーツ政策課ラグビー開催推進室

〒437-0023
静岡県袋井市新屋一丁目1番地の1
電話:0538-44-3139
ファクス:0538-44-3117
メールアドレス:sports@city.fukuroi.shizuoka.jp"

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?