現在の位置

令和元年度「袋井市地域防災訓練」を実施しました

突発的な大規模地震の発生に備え、市の防災体制を再確認するとともに、自主防災隊を中心とした地域の連携強化を図るため、令和元年度「袋井市地域防災訓練」を実施しました。

訓練では、「地域の防災力を高めよう ~大切なのは自助・共助~」をスローガンに、各自主防災隊では、安否確認訓練や避難経路の再確認のほか、家庭内家具等の固定の推進や、災害用伝言サービス利用の啓発などを行いました。

また、上山梨、下山梨、宇刈地区では、月見の里学遊館を会場に、大規模災害発生初期における住民主体の避難所運営訓練などを、防災関係機関と協働して実施しました。

令和元年12月掲載

地域防災訓練(市内全域)

1.訓練日時

令和元年12月1日(日曜日)午前9時~正午

2.参加者数

訓練参加者数
参加団体等 参加人数 備考
自主防災隊(152隊) 50,795人 安否確認ができた人数を訓練参加者としています
袋井市消防団  359人  
市職員等  489人 袋井消防本部職員を含みます

 

3.自主防災隊による訓練内容

  1. 午前9時のサイレンに合わせた身を守る行動
  2. 安否確認訓練及び市災害対策本部の支部への情報伝達訓練
  3. 非常持ち出し品携行者の調査
  4. 各自主防災隊での「メローねっと」登録相談窓口(登録支援)の開設
  5. 自主防災隊活動拠点における避難所運営訓練
  6. 避難行動要支援者(自力で避難できない方)の想定搬送訓練
  7. 小中学生および高校生の力を活用した訓練
  8. 津波避難訓練
  9. 地域防災対策会議の取り組みにより課題や成果を反映した訓練
  10. 避難経路上のブロック塀等、危険箇所の再確認
  11. 自主防災隊独自の訓練(防災資機材の取り扱い、炊き出し、初期消火訓練など)

 4.安否確認訓練結果

 

上山梨、下山梨、宇刈地区 会場型避難所運営訓練

1.訓練日時

令和元年12月1日(日曜日)午前9時30分~正午

2.訓練会場

月見の里学遊館

3.協力機関

陸上自衛隊、袋井警察署、袋井消防署、袋井市消防団

静岡県看護協会中東遠支部、大和紙器株式会社、パティオ・イオン袋井店

静岡県動物管理指導センター、どうぶつ共生防災ネットワーク ほか

4.訓練内容

  1. 避難所運営訓練
  2. 応急処置法訓練
  3. 負傷者搬送訓練
  4. 煙体験・初期消火訓練
  5. 炊き出し・入浴支援訓練
  6. 各種展示コーナー
  7. 避難誘導・防犯パトロール訓練

受付

避難者の受付

情報掲示

情報の掲示

入浴支援

自衛隊による入浴支援

炊き出し配布

炊き出し品の配布

初期消火

初期消火訓練

応急処置

応急処置法訓練

避難所を運営するための4つの基本方針

1 避難所が、地域の人々の安全を確保し、生活を再建するための地域の防災拠点として機能することを目指します。

2 避難所は、地域のライフラインが復旧する頃まで設置し、復旧後はすみやかに閉鎖します。

3 避難所では、避難所を利用する人の自主運営を原則とします。

4 避難所の後方支援は、市の災害対策本部が主に行います。

 

袋井市避難所運営マニュアル

袋井市では、災害時の避難所運営について、基本的なマニュアルを作成しております。下記のリンク先からご確認ください。

袋井市避難所運営マニュアル

災害時の避難所生活は、決して快適なものではありません。自宅の耐震補強や家具の転倒防止、備蓄品(7日間分)の準備など、日頃からできる防災対策を万全にしておきましょう。

お問い合わせ先
危機管理課危機対策係

〒437-0012
静岡県袋井市国本2907
(袋井消防庁舎・袋井市防災センター3階)
電話:0538-86-3701
ファクス:0538-86-5522
メールアドレス:bousai@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?