現在の位置

満タン&灯油プラス1缶運動を推進します

「満タン&灯油プラス1缶運動」とは

大規模災害が発生すると、ガソリンなどの燃料を入手することが困難になります。東日本大震災や熊本地震では、燃料を買い求める人がガソリンスタンドへ殺到しました。

近年は局地災害が多発しており、日頃から物資を用意しておくことがより重要となっています。災害時の燃料不足に備えて、市では満タン&灯油プラス1缶運動を展開しており、「車の燃料タンクは日頃から満タンにしておく」、「暖房用の灯油は1缶余分に保管しておく」ことを広く呼びかけています。

車に十分な量のガソリンがあれば、移動手段としてだけでなく、シガーソケットを使った携帯電話の充電や、カーラジオ等を利用した情報収集にも利用でき、災害時の安心につながります。燃料メーターが半分程度になったら、早めに給油することを心がけましょう。

ガソリンタンクが満タンにしてあると

・ 400キロメートル程度の移動が可能になります。

・ アイドリング状態を約40時間確保することができます。

※ 燃料タンクが40リットル、燃費が1リットルあたり10キロメートルの自動車の場合。

灯油が1缶(18リットル)余分にあると

・ 暖かい空間を85時間程度維持することができます。

※ 和室7帖間で、ストーブを中程度の火力で使用した場合。

gasorinmantan

お問い合わせ先
危機管理課危機対策係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3108
ファクス:0538-43-2132
メールアドレス:bousai@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?