現在の位置

レジ袋の有料化

レジ袋の有料化実施情報を紹介します。

「袋井市マイバッグ運動及びレジ袋削減に関する協定」について

袋井市内の事業所、袋井市マイバッグ100推進協議会と袋井市で「袋井市マイバッグ運動及びレジ袋削減に関する協定」を締結し、レジ袋の削減に向けて取り組んでいます。
この協定は、循環型社会の形成と地球温暖化防止に向けた環境に配慮した生活・経済活動の促進を目的とし、レジ袋削減に3者が協働して取り組むものです。
 
エコバック推進協議会(写真)
(写真は協定締結式の様子です。)

レジ袋の有料化実施店舗

2019年4月現在、以下の店舗で協定が締結され、レジ袋の有料化が実施されています。


店舗名(所在地)
1 遠鉄ストア浅羽店(浅岡)
2 掛川スーパー浅羽店(諸井)
3 JA遠州中央みなみ市場(高尾)
4 JA遠州中央新鮮市月見の里ひろば(上山梨)
5 JA遠州中央あさば新鮮市(浅名)
6 どんどこあさば(浅岡)
7 ビッグ富士袋井店(堀越)
8 スーパーラック愛野店(愛野)
9 マックスバリュ袋井豊沢店(豊沢)
10 イオン袋井店(上山梨)
11 ピアゴ袋井店(新池)
12 マム方丈店(方丈)
13 マム山梨店(上山梨)
14 バロー袋井店(旭町)
15 パティオ生鮮市場(上山梨)
16 洗太ピアゴ袋井店(新池)
17 ジャブ高尾店(高尾)
18 オレンジホワイトパティオ山梨店(上山梨)
19 コープしずおか袋井店(堀越)
20 とれたて食楽部(山名町)

レジ袋の価格は、各店舗で定めています。

(イラスト)レジ袋の有料化実施店舗

なぜ有料化なの?

レジ袋のほとんどはポリエチレン製です。その製造には大量の石油が消費されています。
石油はいろいろな用途に使われていますが、近い将来、枯渇してしまうと言われています。また、地球温暖化を加速させる原因である二酸化炭素(CO2)は、レジ袋の製造過程と、ごみとして出して燃やされる焼却過程、そのどちらからも排出されています。
地球温暖化の防止、ごみの減量のためには「ごみとなるものを買わない、もらわない」ことが基本です。
現在、全国では年間で約305億枚のレジ袋が消費されており、袋井市では約2000万枚と推計されます。もし、袋井市内でレジ袋が使われなくなると、市全体で約1,140トンのCO2が削減されることになります。これは、各世帯で1日2時間テレビを見る時間と減らすのと同じくらいの効果があります。
上記の店舗では、レジ袋の大幅な削減を図るため、レジ袋の有料化を実施しています。「環境にやさしいお店」レジ袋有料化実施店にご協力をお願いします。

平成30年度末のレジ袋辞退率 89.6%

レジ袋有料化を実施している20店舗のうち、協定締結店舗(19店舗)でレジ袋辞退率を調査したところ、結果は平均89.6パーセントにのぼりました。
引き続きマイバッグ運動にご協力をお願いします。

(イラスト)マイバッグ運動

参加店を募集しています

袋井市では、レジ袋の削減に積極的に取り組んでいただける市内の小売店を募集しています。

取り組んでいただく内容

  • レジ袋の有料化
  • マイバッグ運動(のぼり、ポスターの掲示やマイバッグ等の持参の呼びかけ)

レジ袋有料化による収益金の寄附

地球温暖化防止とごみの減量を目的に始めたレジ袋有料化による収益金を寄附していただきました。

平成30年度に寄附をいただいた皆様(敬称略、順不同)

  • イオンリテール株式会社 イオン袋井店
  • 株式会社遠鉄ストア
  • ピアゴ袋井店

誠にありがとうございました。

お問い合わせ先
環境政策課環境衛生係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3115
ファクス:0538-44-3185
メールアドレス:kankyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?