現在の位置

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました

「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正について、お知らせします。

人と動物の共生するよりよい社会を目指して制定された「動物の愛護及び管理に関する法律」が平成24年9月に改正され、平成25年9月1日から施行されました。

「動物の愛護及び管理に関する法律」とは? 

動物の「虐待の防止」、「適正な取扱い」、「動物の愛護に関する事項」を定め、動物愛護や生命の尊重などの意識の向上を図る一方で、「適正な管理に関する事項」を定め、人の身体や財産に対する侵害を防ぐことを目的としています。

基本原則(要約)

動物にも命があることを考慮して、動物をみだりに殺したり、傷つけたり、苦しめたりすることのないようにし、人との共生を配慮しながら、適性に取り扱わなければなりません。

(イラスト)動物の愛護

今回の改正のポイントは? 

1 終生飼養の徹底

動物の所有者が果たさなければならない務めとして、
飼養する動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(終生飼養)が明記されました。

2 犬猫の引取りの拒否

都道府県・政令指定都市・中核市は犬猫等販売業者からの引取りや、繰り返しての引取り、
老齢や病気を理由とした引取りなど、終生飼養の原則に反する犬猫の引取りを拒否できることとなりました。

3 動物取扱業の規制の強化

従来の「動物取扱業」は「第一種動物取扱業」に名称変更し、より適正な動物の取扱を推進するため
規制が強化されました。

  • 動物を販売する場合、購入者にその動物を直接確認してもらうとともに、対面で動物の特徴や飼育方法について説明することが義務づけられました。
  • 幼齢な犬猫の販売について、生後56日以内の犬猫の販売が禁止されました。
    (ただし、平成28年8月31日までは生後45日以内、それ以降は法律で定めるまでの間は生後49日以内)

4 第二種動物取扱業の新設

動物を飼養する施設を持ち、非営利(利益を求めない/お客さんからお金を貰わない)で
一定数以上の動物(哺乳類・鳥類・爬虫類)を取り扱う(譲渡・展示等)場合は、
第二種動物取扱業として都道府県・政令指定都市への届出が必要となります。
動物愛護団体の動物シェルターや非営利での動物の展示などが該当します。

5 罰則の強化

  • 愛護動物のみだりな殺傷  2年以下の懲役又は200万円以下の罰金
  • 愛護動物のみだりな虐待や遺棄  100万円以下の罰金

詳しくは、環境省のパンフレットをご覧ください。

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました<一般飼い主編>(PDF:1.1MB)

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました<動物取扱業者編>(PDF:950.3KB)

捨てず 増やさず 飼うなら一生(PDF:2.2MB)

お問い合わせ先
環境政策課環境衛生係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3115
ファクス:0538-44-3185
メールアドレス:kankyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。