現在の位置

個人市県民税の公的年金からの特別徴収制度について

個人市県民税の公的年金からの特別徴収(引き落とし)制度が平成22年10月から始まりました。
 

制度の概要

公的年金からの特別徴収制度とは

 公的年金受給者の納税の便宜と徴収の効率化を図るため、公的年金所得に対する市県民税を年金を支給する年金保険者が公的年金から引き落とし、市へ直接納付する制度です。

対象となる方

 1月1日現在、袋井市にお住まいの65歳以上(4月1日現在)の方で、公的年金等の所得にかかる市県民税が課税される方

 ただし、次の場合は特別徴収の対象になりません。

  • 老齢基礎年金等の給付額の年額が、18万円未満である場合
  • 袋井市の介護保険の特別徴収対象被保険者でない場合
  • 老齢基礎年金等の給付額から、所得税、介護保険料、国民健康保険税等を差し引いた後、その残額が特別徴収される市県民税額より少ない場合

対象となる税額

 公的年金等にかかる市県民税の所得割及び均等割額です。

 公的年金所得以外の所得にかかる税額は、普通徴収または、給与からの特別徴収となります。

対象となる年金

 老齢基礎年金、老齢年金、退職年金等の公的年金です。

 生命保険料契約等に基づく個人年金は除きます。また、障害年金や遺族年金は課税の対象とならないため、引き落としされません。

特別徴収の方法

特別徴収開始1年目の方

 年度の前半と後半で徴収方法が異なります。

前半

 年金にかかる年税額の半分の金額を2回に分け、6月、8月に普通徴収(納付書または口座振替)により納付します。

後半

  残った年税額を3回に分け、10月、12月、2月に支給される公的年金から特別徴収となります。

特別徴収2年目以降の方

 年6回の公的年金等支給時に特別徴収となりますが、前半の3回(4月、6月、8月)は仮特別徴収税額の徴収となります。

前半

 前年度の年金にかかる税額の半分の額を、4月、6月、8月に支給される公的年金から特別徴収となります。

後半

 年税額から仮特別徴収税額を差し引いた残りの税額を3回に分け、10月、12月、2月に支給される公的年金から特別徴収となります。

特別徴収方法例については、こちらをご覧ください。(PDF:87.1KB)

お問い合わせ先
税務課市民税係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3109
メールアドレス:zeimu@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。