現在の位置

袋井市観光基本計画(後期計画)を策定しました

市では、平成27年度に、本市の観光における現状・課題と観光旅行者のニーズを踏まえつつ、地域資源を活かした「にぎわいある観光」を目指し、1.「交流人口」、2.「市民文化の振興」、3.「産業施策」の観点から、観光を軸とした地域づくりを進めていくことを目的に、「袋井市観光基本計画(後期計画/平成28年度~32年度)」を策定しました。

計画の期間

本計画は、長期的な展望(「目指す姿」と「目指す方向」)を視野に入れ、平成32年度までの今後5年間を計画期間とします。

袋井市の観光の目指す姿と方向

  • 目指す姿

心もからだもまちもほっとする「健康文化観光」ふくろい

本市を訪ねる観光旅行者に、心もからだもまちも“ほっと"“生き生き"する「日本一健康文化都市」である本市を、体感・共感してもらう「健康文化観光」を目指す姿とします。

  • 目指す方向

リピーターとファンづくり  『知って・来て・観て・また来て』

「近県・県内・近郊」からの観光旅行者が多いのが本市の特徴です。本計画は、これらの特徴を踏まえ、初めて本市に来てくれる人を増やすことはもちろん、訪れた人が「リピーター」となり、さらに「ファン」になってもらうことを目指します。

基本方針 〜実現への3本の柱〜

健康文化を体感するために訪れる観光旅行者を増やし、さらにはリピーター(常連)、ファン(また来る)、になってもらうために、地域ブランド力を高める企画力や情報発信力などマーケティング力を高め、さらに地域の観光を支える担い手力を高めるため、以下の3本の柱を立てました。

  1.  袋井(地域)ブランドの創出
  2. マーケティングの推進
  3. 担い手の充実と育成

実現への取り組み

基本方針1 袋井(地域)ブランドの創出

 プロデュース力の強化  地域資源のソフト活用

基本施策1−1  今ある地域資源の掘り起こしと磨き上げ

基本施策1−2  既存資源の組み合わせ、他業種・他分野の連携で新たな地域資源の創出

基本施策1−3  広域連携による地域資源の魅力アップ

基本方針2 マーケティングの推進

 総合的、戦略的な取り組み  メディアミックスの推進

基本施策2−1  情報収集力と発進力の強化

基本施策2−2  多種のメディアを活用した情報発信

基本施策2−3  着地型観光の仕組みづくり

基本施策2-4 インバウンド観光の取り組み強化

基本方針3 担い手の充実と育成

 「市民・企業・行政」による協働の取り組み  担い手人材の発掘・育成と活躍機会の提供

基本施策3−1  個人の担い手力の強化 〜市民全員が観光大使〜

基本施策3−2  様々な担い手組織の強化

基本施策3−3  次世代の担い手の発掘と育成

計画の実現に向けて

本市は、市民と行政のパートナーシップによるまちづくりを推進しています。そのため、事業を推進していくためには、行政はもとより、観光協会を中心とした観光関係団体と、商工会議所、商工会、スポーツ協会、文化協会、国際交流協会、遠州中央農業協同組合をはじめとした各種団体に加え、市民、地域社会、教育機関などが協力・連携を図ると同時に、それぞれが主体的な観光振興の担い手となって取り組むことが必要です。

さらには、個人や組織の担い手それぞれが、本市の観光の向かうべき方向性を共有し、その実現に向けて協調していくことが大切です。

また、観光協会をはじめとする関係者で構成する「袋井市観光産業連絡協議会(ふくろい観光もりあげ隊)」により、各種団体間の協力・連携を強化するとともに、事業の効果や優位性を精査する中で、着実な事業展開を図っていきます。

観光基本計画(本編)

袋井市観光基本計画(本編)

袋井市観光基本計画(PDF:5.8MB)

袋井市観光基本計画(ダイジェスト版)

袋井市観光基本計画(ダイジェスト版)(PDF:3.9MB)

計画書冊子の閲覧

計画書は、市役所2階情報公開コーナー、市内図書館(袋井・浅羽・月見の里)で閲覧できます。

お問い合わせ先
産業政策課観光振興室

〒437-0023
静岡県袋井市高尾1211-1
電話:0538-44-3156
ファクス:0538-44-3189
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。