現在の位置

袋井市保健・医療・介護構想を策定しました。

安心と信頼の予防医療・地域医療・地域ケアの確立

袋井市は、超高齢社会の到来が迫る中、掛川市・袋井市新病院(中東遠総合医療センター)開院後の袋井市民病院施設の利活用を視野に入れながら、健康長寿の実現に向けた望ましい保健・医療・介護サービスのあり方を「袋井市保健・医療・介護構想」として平成23年1月に策定しました。

策定にあたっては、医療機関や介護関係者などとの意見交換をはじめ、市民意見交換会やパブリックコメントで寄せられた意見などを踏まえるとともに、保健・医療・介護分野の有識者からも意見を伺い作成しました。

1 構想について

本構想は、袋井市の保健・医療・介護サービスの将来指針であり、今後、本市が構築又は充実すべき保健・医療・介護サービスを総合的な健康支援システムとして示しています。

今後においては、新病院開院後の袋井市民病院施設の利活用を基本とし、経営面、利便性、管理面等の観点から詳細な検討を進めるとともに、関係機関等とも調整を行い、財政計画と整合を図りながら計画的に推進します。

2 構想の期間

平成22年度~平成26年度

3 構想の構成と内容

第1章  総論

第1章  総論(PDF:509.4KB)

記載内容

本構想策定の背景と位置づけ・性格を記載しています。

第2章  袋井市民の現状

第2章  袋井市民の現状(PDF:625.1KB)

記載内容

様々な統計データから見た市民の健康に関する現状を記載しています。

総人口と世帯数、平均年齢、出生率、高齢化率、一人暮らし高齢者率、要支援・要介護認定率、平均寿命、死亡率、死因順位、人口10万人当たりの悪性新生物・心疾患・脳血管疾患の死亡者数、自殺死亡の標準化死亡比

第3章  将来推計

第3章  将来推計(PDF:625.2KB)

記載内容

総人口と高齢者の将来推計(平成27年)を記載しています。

第4章  保健・医療・介護の現状と課題

第4章  保健・医療・介護の現状と課題(PDF:5.4MB)

記載内容

分野別に「現状」、「環境変化」、「課題」を記載しています。

保健分野の課題
  • 生活習慣病の発症・重症化予防と健康意識の低い方の行動変容
  • ストレス社会におけるメンタルヘルス対策
医療分野の課題
  • 袋井市民病院の初診患者等の診療(新病院開院後)
  • 患者本位の医療とケアを目指した退院時ケアカンファレンスの確立
  • 急性期医療後も十分なリハビリが受けられる回復期医療機能の不足
  • 慢性期医療を担う施設療養機能と在宅療養機能の不足
  • 救急当番医が不足する中での一次救急医療体制の確保(新病院開院後)
介護分野の課題
  • 今後急増していく高齢者に対する介護予防の浸透
  • 保健・医療・介護に関する横断的かつ総合的な相談機能の不足
  • 在宅介護生活を総合的に支援する機能の不足

第5章  保健・医療・介護構想

第5章  保健・医療・介護構想(PDF:3.6MB)

記載内容

基本理念、基本目標、体系図、基本方針、分野別システムイメージ、各センター機能の概要を記載しています。

基本理念

『幸福感のある健康長寿の実現』 家族とともに、みんなで健康百寿

基本戦略

疾病・介護予防の推進、積極的な健康づくり

患者本位の地域ヘルスケアの構築、セーフティーネット

基本目標−基本方針−展開方針−構築又は充実を目指すシステム・サービス

1 生涯にわたって心身ともに健康な市民を育む環境の構築
1−1 地域連携と機能特化による予防医療・介護予防の推進
1−1−1 行動変容につなげる根幹的な健康教育システムを構築する

  • 学校等での健康学習講座の開催
  • 多職種連携による継続的な地域健康教室の開催

1−1−2 早期発見・早期治療を推進する受診しやすい健診システムを構築する

  • 市民が受診しやすく健康指導につながる健診センターの確保

1−1−3 専門的な指導機能強化による重症化予防システムを構築する

  • 改善を目的とした病態別健康教育・オーダーメイド健康指導の実施

1−2 包括的な総合相談体制と地域連携による見守りネットワークの確立

1−2−1 健康や介護など様々な不安に応える総合的な相談システムの構築

  • 専門職種による保健・医療・介護の総合相談の実施

1−2−2 地域と連携した総合的な健康見守りシステムの構築

  • 一人暮らし高齢者などの健康見守りネットワークの構築

2 安心して療養・介護ができる地域完結型のヘルスケア体制の構築

2−1 地域連携による患者本位の地域診療・在宅療養体制の確立

2−1−1 地域内診療力を高める地域初期(救急)診療システムを構築する

  • 気軽に受診できる総合内科的な機能を持つ外来の確保
  • 市民に分かりやすい休日夜間急患センターの確保
  • 24時間体制の救急医療コールセンターの検討

2−1−2 機能連携による途切れない地域療養システムを構築する

  • 回復期リハビリテーション病床の確保
  • 医療療養病床の確保
  • 在宅療養支援ステーションの確保(訪問看護ステーションの充実)
構想の実現に向け構築を目指すセンターと分野別システム
  • 効率的かつ効果的な運営、専門職種の専門性の発揮と連携の推進、マンパワーと関連情報の効果的な活用を図るため、センター化を目指します。
  • ここでのセンターとは、機能集約又は機能を特化したセクション(部門)をいいます。
回復期リハビリ病床・療養病床
センターとシステム
構築を目指すセンター 構築又は充実を目指すシステム
健康指導センター
  • 学校健康教育システム
  • 地域健康教育システム
  • 生活習慣病と機能低下の重症化予防システム
  • 認知症の早期発見・重症化予防システム
  • 地域連携によるメンタルケアシステム
健康支援センター
  • 総合的な相談システム
  • 健康見守りシステム
外来・健診センター
  • 地域内診療システム
  • 地域と連携した健診システム
休日夜間急患センター
  • 初期救急医療システム
回復期リハビリ病床・療養病床
  • 地域療養システム
在宅療養支援センター
  • 地域療養システム

 

保健・医療・介護構想(全編)(PDF:5.9MB)

パブリックコメントの意見概要と市の考え(PDF:21.5KB)

お問い合わせ先
地域包括ケア推進課地域医療推進係

〒437-0061
静岡県袋井市久能2515-1
はーとふるプラザ袋井(市総合健康センター)
電話:0538-43-7640
メールアドレス:chiikihoukatsu@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。