現在の位置

オープンデータの取り組みについて

「オープンデータ」とは

「オープンデータ」とは、行政や公的機関が保有する情報を、社会で効果的に利用できるよう機械判読に適した形式かつ二次利用が可能なルールで公開されたデータ(ExcelやXML、CSVなど)のことです。

袋井市では、個人情報など公開できないものを除き、ホームページやパンフレットなどで公開しているデータなどのオープンデータ化を推進します。

オープンデータの目的

袋井市が保有する情報について、二次利用が可能なオープンデータとして提供することにより、営利・非営利目的を問わず、事業者や市民の皆さんの利活用を促進し、新たな産業の創出や市民生活の利便性の向上を図るとともに、行政の透明性・信頼性の向上に努めます。

オープンデータの推進に関する指針

国が策定した「世界最先端IT国家創造宣言」及び「電子行政オープンデータ戦略」等を踏まえ、公的データの活用を促進することにより、市民生活の向上、企業活動の活性化等を図り、社会経済の発展に寄与するため、本市がオープンデータを進める際の基本的な考え方等を取りまとめました。

袋井市オープンデータの推進に関する指針(PDF:92.2KB)

関連リンク

オープンデータ

活用事例

利用規約

小規模自治体におけるオープンデータを活用した事業機会創出に関する調査研究

袋井市オープンデータカタログサイト(外部サイト)

クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(外部サイト)

Creative Commons-表示4.0国際-CC BY 4.0(外部サイト)

ふじのくにオープンデータカタログ(外部サイト)

お問い合わせ先
ICT街づくり課情報政策係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋一丁目1番地の1
電話:0538-44-3106
ファクス:0538-43-2131
メールアドレス:jouhou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。