現在の位置

市民向け生活支援情報(新型コロナウイルス関連)

新型コロナウイルス感染症に関する情報についてはこちら
事業者向け情報ついてはこちら
農業者向け情報についてはこちら


 

【目次】
◆給付金
◆貸付制度
◆税等の猶予
◆その他のお知らせ

 

【更新履歴】直近3日分

2020年4月27日更新
・自宅でできる運動動画の追加

2020年4月24日更新
・納税の猶予制度

2020年4月23日更新
・配偶者からの暴力を理由に避難している方への特別給付金
・子育て世帯への臨時特別給付金
・住居確保給付金
・労働金庫(ろうきん)生活支援特別融資
・DV(ドメスティックバイオレンス)相談
・フードバンクの利用方法
・自宅でできる運動動画サイトの紹介

給付金

特別定額給付金(仮称) (4月21日更新) 

新型コロナウイルス感染症の影響による休業等で収入が減少し、生活に困っている世帯に対して、要件を満たす場合にに1世帯あたり30万円が給付される「生活支援臨時給付金(仮称)」が創設されることとされていましたが、施策の目的や対象、給付額の見直しが行われ、給付対象者1人につき10万円を給付する「特別定額給付金(仮称)」に変更されることとなりました。

特別定額給付金(仮称)の概要

施策の目的

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への経緯と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。

給付対象者
  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
  • 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主
給付額

給付対象者1人につき10万円

注意

・現時点では、総務省のウェブサイトに公開している以上のご案内はできません。
・詳細が示され、具体的な実施方法が決まりましたら、改めて市ホームページや広報ふくろいなどでもご案内いたします。

配偶者からの暴力を理由に避難している方への特別給付金の支給について(4月23日更新)

■特別定額給付金は、令和2年4月27日に住民基本台帳に記載されている世帯主が申請者となり、世帯構成員1人につき10万円が支給されるものです。
今回、配偶者からの暴力を理由に袋井市に避難をしている方で、事情により令和2年4月27日以前に袋井市に住民票を移すことができない方は、期間内(令和2年4月24日から4月30日)に「申出書」を提出していただくと、以下の措置を受けることができます。
※「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
1.世帯主でなくとも、同伴者分を含めて、特別給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
2.手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

■「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。
・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
・保護命令決定書の謄本又は正本

※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
※令和2年4月27日以降に袋井市に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申し出れば確認がとれるため、上の書類は必要ありません。
※1.のDV被害申出確認書については、しあわせ推進課家庭福祉係へお問い合わせください。

総務省/特別定額給付金

制度の概要などは、次の総務省のウェブサイトでご確認ください。

総務省 特別定額給付金

特別定額給付金コールセンター

特別定額給付金(仮称)に関する皆さまからのお問い合わせに対応するため、総務省がコールセンターを設置しています。

・連絡先 03-5638-5855
・応対時間 午前9時から午後6時30分(土・日曜日、祝日を除く)

お電話がつながりにくい時間帯があります。お電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しください。

なお、特別定額給付金(仮称)に関するお問い合わせは、上記コールセンターでのみお受けしています。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

【お問い合わせ先】

袋井市役所 企画政策課 企画係
電話 0538-44-3105

子育て世帯への臨時特別給付金(4月23日更新)

子育て世帯への臨時特別給付金とは
新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯を支援する取組の一つとして、児童手当(本則給付)を受給する世帯(0歳~中学生のいる世帯)に対し、対象児童一人あたり1万円を臨時特別給付金として支給することになっています。

詳細について
現在、支給時期等の詳細については未定となっております。
内閣府より事業の詳細が示され、具体的な内容が決定しましたら、広報していきます。

【お問い合わせ先】
しあわせ推進課家庭福祉係
電話:0538-44-3184
ファクス:0538-43-6285

住居確保給付金(4月23日更新)

離職により住居を喪失又はそのおそれのある方へ
住居確保給付金とは、離職者であって就労能力及び就労意欲のある方のうち、住宅を喪失している方又は喪失するおそれのある方を対象として住宅費を支給するとともに、就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行う制度です。詳細は、下記リンク先をご参照ください。

住居確保給付金のご案内

貸付制度

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度について、ご案内します。

この貸付制度は、厚生労働省の要綱に基づき、他の貸付制度が利用できない低所得世帯、障がい者世帯又は高齢者世帯に対し、資金の貸付けと必要な相談・支援を行うことにより、経済的自立及び生活意欲の助長並びに社会参加促進を図り、安定した生活を目指すことを目的としています。
貸付にあたっては、個別の要件がありますので、詳しくは下記お問い合わせ先へご連絡ください。

【お問い合わせ先】

社会福祉協議会
電話 43−3020

労働金庫(ろうきん)生活支援特別融資(4月23日更新)

労働金庫(ろうきん)では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴う生活支援として特別融資を行っていますの。詳しくは、下記リンク先をご参照ください。

労働金庫(ろうきん)生活支援特別融資のご案内

税等の猶予について

納税の猶予制度(4月24日更新)

市税を一度に納付することが困難な場合は、申請により、納付の猶予が認められる場合があります。詳しくは、下記リンク先をご参照ください。

納税の猶予制度

水道料金・下水道使用料のお支払い猶予について

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、収入が大幅に減少した等の事情により水道料金・下水道使用料のお支払いが困難な方につきましては、お支払い期限の猶予など、納付に関するご相談をお受けします。詳しくは、下記お問い合わせ先へご連絡ください。

【お問い合わせ先】

袋井市役所 水道課 総務経理係
電話 0538-23-9214
ファクス 0538-23-9237

その他のお知らせ

DV(ドメスティックバイオレンス)相談(4月23日更新)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛や休業などが行われている中、生活不安やストレスなどにより、配偶者等から暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されており、内閣府が、DVの新たな相談窓口として「DV相談+(プラス)」を開設しました。

DV(ドメスティックバイオレンス)相談窓口

フードバンクの利用方法(4月23日更新)

フードバンクとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品を、生活困窮等の理由により食べ物に困っている方に提供する社会福祉活動です。
利用を希望する方は、しあわせ推進課生活福祉係にてご相談いただければ、職員がフードバンク事務局へ申込みいたします。数日で食料品が届きますので、しあわせ推進課窓口にて受取りいただけます。

フードバンクふじのくに

【お問い合わせ・申し込み先】

しあわせ推進課生活福祉係
電話:0538-44-3119
ファクス:0538-43-6285

子育ての総合相談窓口 子育て世代包括支援センター

子育て世代包括支援センターでは、 新型コロナウイルス感染拡大防止対策をとりながら、妊娠から出産、子育て期までの身近な相談に応じております。一人で悩まず、まずは一度ご連絡ください。

子育ての総合相談窓口 (4月22日更新)

自宅でできる運動動画サイト

外出自粛による運動不足解消のため、自宅でできる体操やエクササイズなどの動画をご紹介します。

自宅でできる運動動画サイト(4月27日更新)

「#2961(ふくろい)ウオーク」による健康管理

「#2961(ふくろい)ウオーク」は、「歩く(歩数)」を主として、ポイントを貯め、体温や体重、睡眠時間などの情報を入力し日々の体調管理ができるアプリです。
外出や運動機会が制限される中ですが、日々の体調管理や健康づくりにお役立てください。

「#2961(ふくろい)ウオーク」による健康管理(4月22日更新)