現在の位置

人・農地プランについて

人・農地プランとは

「人・農地プラン」とは、地域が抱える人と農地の問題を今後解決していくための未来への設計図です。具体的には、地域で話し合い「今後の中心となる経営体」、「地域の今後の農業のあり方」を決める内容です。

 

人・農地プラン作成の一般的な手順

注意:『平成26年度地域農業の人と農地の問題解決に向けて(農林水産省)』より抜粋

1 市町村関係機関の準備

1.地域内の農業者に対してアンケート等を実施し、地域農業の状況、将来の意向等を確認しましょう。
2.将来の意向等を確認しましょう。

2 集落・地域における話し合い

1.農業法人、青年、女性、新規就農者、新規参入者を含め多くの方に参加と発言をしてもらいましょう。
2.そのためにも、話し合いの日程・場所はあらかじめ公表しましょう。
3.予め分かっている新規参入希望者には、個別に連絡しましょう。

3 市による検討会の開催

1.市で、話し合いを踏まえて人・農地プラン原案を作成し、検討会にかけて原案の妥当性などを審査します。
2.検討会メンバーの概ね3割は女性とします。

4 市が人・農地プランの工程表を公表し、アンケート及び地図を作成し、プランの実質化を公表していきます。

今後、袋井市全域において、人・農地プランがまとまり次第、公表してまいります。

5 毎年プランを見直し

6 人・農地プラン見直し支援アンケート調査結果

各地域の「人と農地の問題」を解決しましょう!

人・農地プランでは、次の内容を決めていただきます。  

   1. 今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)はどこか

    2. 1.からみて、地域の担い手は十分確保されているか

    3. 将来の農地利用のあり方

   4. 3.に向けての農地中間管理機構の活用方針

   5. 近い将来の農地の出しての状況(誰が、いつ頃、どのくらい出す意向か)

   6. 地域農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化、など)

プランの内容については、定期的に話し合いを行い、地域の将来展望が描けるよう見直しをしましょう。

詳しくは、農林水産省のホームページをご覧ください(外部リンク)。

 

農林水産省「人・農地プラン」

今後の地域での話し合い予定

予定が入り次第、掲載していきます。

認定農家の方をはじめとして、販売農家、青年農業者、女性農業者、新規就農者、新規参入者など多くの方の参加をお願いします。

人・農地プランの実質化に向けた工程表(PDF:25.8KB)

お問い合わせ先
農政課農地利用係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3167
ファクス:0538-44-3153
メールアドレス:nousei@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください
返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。