現在のページ

オープンデータとは

「オープンデータ」とは、行政や公的機関が保有する情報を、社会で効果的に利用できるよう機械判読に適した形式かつ二次利用が可能なルールで公開されたデータ(ExcelやXML、CSVなど)のことです。

袋井市では、個人情報など公開できないものを除き、ホームページやパンフレットなどで公開しているデータなどのオープンデータ化を推進します。

 

オープンデータの目的

袋井市が保有する情報について、二次利用が可能なオープンデータとして提供することにより、営利・非営利目的を問わず、事業者や市民の皆さんの利活用を促進し、新たな産業の創出や市民生活の利便性の向上を図るとともに、行政の透明性・信頼性の向上に努めます。

オープンデータの推進に関する指針

国が策定した「世界最先端IT国家創造宣言」及び「電子行政オープンデータ戦略」等を踏まえ、公的データの活用を促進することにより、市民生活の向上、企業活動の活性化等を図り、社会経済の発展に寄与するため、本市がオープンデータを進める際の基本的な考え方等を取りまとめました。