環境教育

更新日:2022年04月15日

市では、市内の小・中学生、市民団体を対象に環境教育を実施しています。

環境教育は、子どもから大人までそれぞれの立場において、環境に対する理解を深め、環境意識を向上させ、環境への取り組みを促進するために欠かせないものです。

環境教育を通して、地球温暖化やごみ問題など、さまざまな環境問題に対して、自分たちにできることがたくさんあることに気づき、すぐに取り組める生活の知恵を身につけてほしいと願っております。

出前エコ教室

ごみ投げ入れ体験

ごみの投げ入れ体験

市内小中学生や市民団体を対象に、市職員や事業者が学校や施設に出向き、「ごみ」や「地球環境」をテーマに環境教育を実施しています。

内容に応じて、市民団体の環境ボランティア講師の協力を得て実施しています。

ヨーグルトカップでこま作り

市民環境ネットふくろい講師の話(外来生物)

ふくろう2

エコ工作(植物を使った工作)

フクロウ3

エコ工作(植物を使った工作)

 

出前エコ教室の申し込みは、年度途中でも随時受付を行っておりますので、添付の申込書をご利用いただき、メールまたはファクスにて環境政策課環境企画係へお申し込みください。

注意:小学校4年生を対象に出前エコ教室(ごみの学習)を行っておりますが、年度の始まりに小学校へ直接確認をしておりますので、添付の申込書を利用できる団体は、市民団体のみ(自治会連合会・まちづくり協議会・コミュニティセンター学級・放課後児童クラブ等)となります。

アース・キッズ事業

アース・キッズ事業の概要

アース・キッズチャレンジは、子どもたちがリーダーとなって、家庭で地球温暖化防止に取り組むプログラムです。総合的な学習の時間などの授業時間で取り組むもので、各小学校と静岡県地球温暖化防止活動推進センター、静岡県、袋井市が連携・協力して実施します。

アース・キッズ事業の流れ

子どもたちは、静岡県地球温暖化防止活動推進センターが作成したチャレンジ冊子を活用しながら、前半1週間・後半1週間かけて家庭で電気・ガス・水道のメーターの数値や燃えるごみの重さを計測し、エネルギーの使用量をチェックする取り組みをします。

前半の取り組み後には「キックオフイベント」を開催し、自転車発電やエコ生活大作戦、ごみ分別ゲームを通して、電気や資源の大切さを実感してもらい、今後、どのような取り組みをすれば良いか考えてもらいます。

後半の取り組み後には「セレモニー」を開催し、子どもたちが取り組んだ結果の発表や子どもたち一人ひとりがエコリーダーに認定され「認定証」が授与されます。

アース・キッズ事業を実施した学校

  • 令和3年度 袋井東小学校(4年生)、袋井西小学校(5年生)、今井小学校(4年生)、高南小学校(5年生)、山名小学校(5年生)、浅羽東小学校(5年生)
  • 令和2年度 袋井東小学校(4年生)、袋井西小学校(5年生)、今井小学校(4年生)、高南小学校(5年生)、山名小学校(5年生)、浅羽東小学校(5年生)
  • 令和元年度 袋井東小学校(4年生)、袋井西小学校(5年生)、今井小学校(4年生)、山名小学校(5年生)

 

ごみ分別ゲーム

ごみ分別ゲーム

自転車発電

自転車発電

エコ生活大作戦

エコ生活大作戦

セレモニー

セレモニー(エコリーダー認定書授与)

エコパ環境学習

フィールドビンゴ

フィールドビンゴ

市内小学校1・2年生を対象に、静岡県小笠山総合運動公園(エコパ)のビオトープ等の自然環境を活かした、体験型の学習プログラムをエコパハウスの協力のもと実施しており、植物や昆虫などに直接触れることで、自然環境の大切さを学んでいます。

どんぐりの学習

どんぐりの学習

草あそび

草あそび

この記事に関するお問い合わせ先

環境政策課環境企画係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3135
ファクス:0538-44-3185
メールアドレス:kankyou@city.fukuroi.shizuoka.jp
みなさまのご意見をお聞かせください(環境政策課)

返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。