医王山油山寺(いおうざんゆさんじ)

更新日:2021年05月31日

遠州三山のひとつ医王山油山寺は、「油山(あぶらやま)」と呼ばれ、多くの人々に親しまれている真言宗の古刹です。

大宝元年(西暦701年)頃に、行基が万民の無病息災など願い、彫刻した薬師如来を祭ったことに始まると伝えています。

孝謙天皇眼病の時に、境内「るりの滝」の加持祈祷された水で洗ったところ快癒したという眼病治癒の伝説の寺としても知られ、広く信仰を集めています。

うっそうとした林の中の境内を歩くと、深山幽谷の雰囲気が漂い、霊験あらたかな「るりの滝」、桃山の三名塔として知られる三重塔がそびえ立ちます。

掛川城の御殿下御門を移した山門、本尊を納める本堂内厨子は三重塔とともに国指定重要文化財になっています。 くわしくは、医王山油山寺ホームページをご覧ください。

電話番号0538-42-3633

油山寺三重塔
油山寺山門

この記事に関するお問い合わせ先

産業政策課商業観光室

〒437-0023
静岡県袋井市高尾1211-1
電話:0538-44-3156
ファクス:0538-44-3189
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp
みなさまのご意見をお聞かせください

返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。