平成28年12月から衣類の「取扱い表示」が変わります

更新日:2021年05月31日

取扱い表示

衣類の「取扱い表示」は、家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程が改正され、平成28年12月1日から新しくなります。

記号のデザインが変更されただけでなく、種類が増え、記号内に付加記号や数字が使われるなど、これまでのものとは見た目も、考え方も大きく変わります。 

新しい取扱い表示のポイント

1.記号のデザインが新しくなります

基本記号に、線「-」や点「・」などの付加記号や数字を組み合わせて表します。
*世界で共通に使用されているISO(国際規格)の記号と同じになりました。記号内に日本語は記載されません。

2.記号の種類が22種類から41種類に増えます

これまでの「JIS(日本工業規格)取扱い絵表示」にはなかった記号が追加されて、より細かな表示に変わります。
*酸素系漂白剤やタンブル乾燥、クリーニング業者によるウエットクリーニングなどの記号が追加されます。

3.表示は取扱い方の上限を表しています

表示よりも強い作用や高い温度での洗濯やアイロン掛けは、衣類にダメージを与える可能性があります。

4.参考情報が簡単な用語で付記される場合があります

記号だけでは伝えられない参考情報は、簡単な言葉で記号の近くに記載される場合があります。

関係リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業政策課産業労政係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3136
ファクス:0538-44-3179
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp
みなさまのご意見をお聞かせください

返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。