令和5年度浜松市・湖西市・袋井市 実証実験サポート事業のプロジェクト採択先の決定

更新日:2023年10月01日

袋井市では、実証実験を対象とした支援を通じて、社会課題の解決や市民サービスの向上につなげていくとともに、スタートアップ企業等への支援により産業を振興することを目的に、令和5年度から実証実験サポート事業を開始しました。

令和5年度は、浜松市・湖西市と連携し、各市の社会課題の解決を図るとともに、共通課題について3市全域に展開できるような製品・サービスの実証実験提案を募集しました。

本市では「Soteria8.CO.Ltd.(ソテリア8株式会社)」が提案した、AI技術等を活用して老朽化した排水機場の劣化診断を行う実証実験を採択しました。

事業の目的

各市の社会的課題の解決や市民サービスの向上につなげていくとともに、スタートアップ等への支援により産業を振興することを目的とします。

プロジェクト採択者

logo_soteria8

Soteria8.Co.,Ltd.(ソテリア8株式会社)

https://soteria8.com/japan

実証実験の内容

肉眼では把握が難しい排水機場の劣化状況をロボット、ドローンおよびAIoTを活用し可視化することで、修繕箇所の早期発見を実現します。

【具体的な取組】

  1. ロボット, ドローン撮影画像の時系列データ分析、劣化施設の特徴比較分析を通じて劣化の有無を判断します。
  2. 排水機場の装備にスマートセンサーを取り付け、振動データ収集を通じて正常稼動範囲と劣化に伴う非正常稼動範囲を判断します。

実証実験サポート事業の内容

実証実験サポート期間

令和5年10月から令和6年9月末日

支援内容

採択プロジェクトには下記のサポートを行います。

  • 市内公共施設、協力企業が有する施設などの実証実験フィールドの斡旋
  • 実証実験モニター募集支援、実証実験に係る各種調整等
  • 実証事業のPR支援
  • 最大200万円の経費支援(補助率2分の1以内)

その他

本事業は、浜松市及び湖西市と合同で実施している事業です。

■ 実証実験サポート事業ウェブサイト

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/desupport/index.html

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

産業未来課産業政策係

〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3136
ファクス:0538-44-3179
メールアドレス:sangyou@city.fukuroi.shizuoka.jp

みなさまのご意見をお聞かせください(産業未来課)

返信を希望される方は、住所・氏名・連絡先(電話番号・Eメールアドレス)を記載して下さい。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。